2009年 10月 15日

荒探し

 今の学生はとても優秀です。17人中決まっている進学先は、慶応大学2名、早稲田大学1名、筑波大学1名。他の人もこれの順ずるところに受かることでしょう。

 そんなクラスに毎日入っているので、 どうしても完璧な日本語からの引き算で彼らを見てしまいます。




===
グローバル化は各国の経済発展に良いか。      

 WTOを成立した後、サービス貿易・貿易関連知的所有権などを含み、より現在の貿易の状況に適合するような体制、ルールを整えていることがあるため、有益な国際環境の形成になった。それは国際交渉において自分の国の立場を強化することができると思われる。

 1958年発効の欧州経済共同体(EEC)設立条約(ローマ条約)を第一号とした自由貿易協定(FTA)が実現した。そして、物品・サービス貿易や投資は以前よりもっと自由化になったと言える。また、日本は2002年1月にシンガポールとFTAを締結し、ASEANとも翌年から交渉を開始することが決まっている。そして、2004年12月の経済連携促進関係閣僚会議で「今後の経済連携協定の推進についての基本方針」を決定してから
東アジア地域を中心に積極的に交渉を進めているということがある。そうすれば、産業の関連があるので、経済連携に有利になると考えられる。
 したがって、グローバル化は自由貿易協定の上で、経済連携・協力などの促進で、経済発展に良いと考える。(424字)


===

と、こういう作文を書いてくるわけです。

 もちろん100%自力でしているとは思いません。専門書とか、ネットからのコピペが大半だとは思いますが、
それでも、そこを読み砕いて、ペーストしてくる技術がすごい。

 そんな毎日なので、引き算で色んなことを判断し、なんだか荒んだ人間になっている気がします。
身近な例だと、相方は常に評価の対象になっています。さぞかし気苦労が絶えないことでしょう。スマヌ(笑)。 いや、もしかしたら、全く気付いていないのかも・・・

 さて、そんな彼ら、予習をしてこないので、教室で話をしました。予習をしてこない(読解教材として与えた新聞記事を読んでこない)と授業が進められなくて困るというと、「(その記事には)興味がない」と一言。
 じゃあどんなことなら興味があるかきいてみたところ、とにかく身近な話題なんだそうです。そいならば受験でグレーな気分が少しでも晴れるような記事を探させていただきますよ、ということで一件落着。

また明日もがんばりましょう。
[PR]

by schnarak | 2009-10-15 23:29 | education


<< あけましておめでとうございます      シルバーウィーク >>