2015年 01月 05日

4ヶ月検診を前に、股関節を診てもらう

途中の記事がまだupdateされてないけれど、日々どんどん過ぎていくので空白の時間を無視して更新してしまおう。

もうすぐ4ヶ月。10月に診てもらった股関節の状態を整形外科の同じ先生に診てもらう。結果、異常なし。でも不安が不安を呼ぶ、という話。



2か月の頃。まだ東京に戻る日が決まっていなくて母体の体調もイマイチだった頃、母と足のシワの話になった。左右対称じゃないよね、と。確かにオムツを替える時にお尻が左に寄る気がする、左はきちんと3本あるけど、右は2本で時々3本だよね、とか。気になり出したら止まらない。夜寝かしつけながら私はスマホで検索。母は別室にてPCで検索。次の日の朝一で股関節で有名な先生がいるC病院に行くことになった。

ネットでは、シワの数が左右対称でない、女の子…などなど、当てはまるポイントに不安になる。股関節亜脱臼の矯正器具は足を矯正的に開いて腕とベルトで固定するもので、見るだけでかわいそう。あんな矯正器具をつけることになったらどうしよう?オムツの替え方が悪かったかな?脱臼して治るのかな?不安で夜もなかなか寝られない。

朝起きると何となく父も母もピリピリ。病院話予約なしで2時間待ち。ようやく呼ばれて入る頃には緊張と夜の授乳の睡眠不足でグッタリ。でも親切な先生で丁寧に診てくださる。足を伸ばしたり広げたりして確認。小さいのでレントゲンは撮らずエコー。エコーのためのゼリーを塗られてビックリして泣くおチビをあやしながら、シワの数が違う気がするなどなど、不安を伝える。

結果、異常は今の所ないとのこと。ほっとしたけれど、まだ小さいのでこれからは分からないと言われる。気になるなら4ヶ月の頃にもう一度整形外科を受診するよう勧められる。とにかく一安心。

で、今日。ほぼ4ヶ月だし、せっかく広島にいて同じ先生に診てもらえるんだから行こうと思い、受診。思い付いたらすぐに行けるって素晴らしい!人手があるって素晴らしい!と思った。東京じゃ病院探しからだもんなー。一人で連れて行けるところで、きちんと診てもらえるところ…とか色々考えると行くの止めようって気になるし。とにかく異常なくてよかった。おばあちゃん、不安になってくれてありがとう。主婦の口コミを思い出してくれてありがとう。

これが不安が不安を呼んだお話その①。続く。


[PR]

by schnarak | 2015-01-05 19:50 | new life


<< 3ヶ月でアデノウイルスをもらう      妊娠と仕事 >>