2006年 04月 02日

飲み会実現

運命のヒトとの飲み会がようやく実現しました!
なんか飲んでる話ばっかりですが。
今回はその運命のヒトとそのお友達と3人で、ソウルの飲み屋で4時間半。

お互いの出会いや共通の友人の話題から、最近の国内/海外の日本語教育事情まで。
日本の生活してた場所は違ってても、
友達の友達の友達くらいで結構つながってたりします。

韓国にいる日本人の日本語の先生って色んな方がいるみたいです。
①大学/大学院卒業後、教歴を増やすために短期間(1年~3年or5年以上)滞在
②韓国人の伴侶ができて、永住、仕事は日本語教育
③初めから韓国滞在が目的、日本語教育は生活のため

①と②の境目って結構曖昧で、そもそもの目的は①でも
途中から②になっちゃうってヒトも結構多いみたいです。
適齢期に韓国に来るから、当然といえば当然の結果ですな。

②はこっちにきて伴侶が見つかる場合と
伴侶がいるからこっちに来るという場合があります。
なので②と③の境目も曖昧。
②の場合は仕事(日本語教師)と生活(韓国で働く)が一致しています。
③の場合、元々は留学や韓国語が使いたくて韓国に来て、
そのまま生活のためにパートタイムなんかで日本語を教えていたりするようです。
ちなみに、結構昔に来られた方だと集団結婚なんかで来韓されてたりもするようです。

今回の飲み会は①が2人(私と運命のヒト)、もう一人は②でした。
永住するってことになかなか不安を感じていらっしゃるようでした。
私もこのまま韓国で生活していくって考えると複雑だもんな。

韓国に定住してるヒトって、その複雑な思いを抱えながらい続けている気がします。
日本と似てるとこもたくさんあるけど、似てるからこそ理解できない部分ももちろんあって。
いたいからいるっていうよりもいなきゃいけないからいる、
っていったら言い過ぎかもしれませんが、そんな感じに見えます。
以前いたタイでは、複雑な思いを抱えつつも
タイが好きだからいるってヒトが多かった気がします。

いずれにしろ、定期的に飲むことになりそうです!
韓国でできた飲み友達にバンザイ!!
[PR]

by schnarak | 2006-04-02 23:22 | education


<< ほんの気持ちです      韓国ってね >>