日々のあわ

schnarak.exblog.jp
ブログトップ
2006年 10月 08日

明日の授業

今作文のクラスを持っています。

作文といっても、ただレポートみたいなのを書いて、添削して返して、、、の
繰り返しではおもしろくないので(何より70人分添削するのが大変)、
今学期はメールの書き方を勉強しています。

例えば、
①日本のホテルに予約する
②(返事が遅れたことの)謝りのメールを送る
③プレゼントのお礼のメールを送る
④日本の会社に採用について問い合わせる
などです。

で、今ちょうど①が終わった辺りなんですが、
一度実際に予約をしてもらおうと企んでいます(最後にはキャンセルします)。
予約をする前に、部屋があるかどうか聞いて、予約して、、、と色々考えると
何度かメールが往復するんですが、学生が気にしていたのはキャンセル料。

・・・んー確かにね。

予約しといてキャンセルするのはホテルの人にはとーっても申し訳ないんですが、
(関係者がブログの読者にいないことを祈ります)
海外で勉強している学生にとっては、生の日本語に触れる絶好の機会なんです。

言葉の学習って教室の中だけでは不十分だと思うんです。
もちろん宿題も課題もやってもらうけど、
何よりも本人のやる気が一番大事だと私は思ってます。
そのやる気を出させるには、日本語を使って
日本人と会話するのが一番!という訳なのです。

だから、もし「キャンセル料がかかります」って言われたら、
私が間に入って事情を説明することを学生に伝えました。ドキドキ。
ホテルの人はやさしい人が多いから事情説明したらきっと分かってくれるさ、と
バイトしてたホテルの人たちを思い出しながら、期待してみたり。

あーでもドキドキします。
学生がびっくりしてひいちゃったらどうしよう。収集がつかなくなったらどうしよう。
うまく行きますように。
[PR]

by schnarak | 2006-10-08 22:30 | education


<< 帰って来るとか来ないとか      沖縄レポート >>