2006年 10月 22日

ある学生の話

2学期が始まって、新しい学生が何人か復学してきました。
韓国では休学→復学は割と普通に認められています。
復学する理由は様々です。兵役、就職、留学、家庭の事情。。。

2学期になってよく部屋に来るようになった学生Jさんは、
兵役の後、1年間会社で働き、その後2学期から復学してきました。
マジメでよく勉強します。一人で勉強して、その質問を持ってきます。
日本語は上手ですが、マジメで冗談が通じないタイプです。
それでも質問は毎回ちゃんと持ってきます。
多いときで週に2,3回、少ない時でも週に1度は必ず研究室に来ます。
(それ以外に授業で週2回は会う)

2学期になっても夏休み気分を引きずっていた頃は、
部屋に来てひとしきり質問した後でもそのまま部屋にいるので、
仕事を手伝ってもらうこともありました。

仕事が忙しくなって、他の先生が部屋にいたり、私がばたばたしていると、
質問だけして帰っていくようになりました。

代わりに、モノを持ってくるようになりました。
実家で取れた栗、麦、決明子(お茶にして飲むと、目にいいらしい)。人形の置物。

最近は質問もメールでしてくるようになりました。
今日の質問は「瞳を閉じて」の歌詞チェック。
「これを聞きながらメールを書いています。先生もこの曲を知っていると思います。」


・・・ここまで来ると彼の好意は否定できない気がしています。
他の先生たちにも冷やかされますが、
私に恋人がいる/いないに関わらず彼の好意は受け入れられません。
立場上ということももちろんありますが、全く好みじゃない。

彼が何となくでも気づいてくれるといいんですが。。。
[PR]

by schnarak | 2006-10-22 15:20 | education


<< お気に入り      気が付いたこと >>