日々のあわ

schnarak.exblog.jp
ブログトップ
2006年 11月 04日

ついにきました

以前エントリーした彼の話ですが、先日ついに来ました、「デートのお誘い」が。
しばらく質問にも来ないし、伝わったかなーと思っていたんですが。
(このメールには後日談があって、その後の彼からの返信に
同じ学年の女の子と一緒に漢字の試験を受けると書いてあり、
私はひそかに『好きな子ができた?』と喜んでいたのですが、真相は不明)

宿題をレポート用紙に書いて提出してもらっているんですが、
そのレポート用紙の一番下にデートのお誘いがありました。

「先生!○月○日に私とデートしませんか?
インチョンでオーケストラの演奏会があります。
私は私のフルートの先生から招待をいただきました。
私はそのコンサートに必ず先生を招待したいです。
返事はこの宿題の紙に書いてください」

コンサート自体には興味はあるんだけど、インチョンって遠いし、その日予定あるし、、、と
断る以外選択肢はないつもりでいるんですが、どうなんでしょうねえ、こういうの。
色んな状況があるとは思いますが、
基本的には学生との恋愛について私は反対派です。
学校ではそういうスタンスでいるつもりなんですが、
それでもそういう感情を持っている学生がいるとすれば、
その原因を考える必要があると思います。

彼がまだ復学する前に研究室でフルートを吹いてくれたのを喜びすぎたかな・・・
2学期になってすぐ研究室に来たとき、遊びすぎたかな・・・
授業中に気が付かないところで何かしたかな・・・

とりあえずしばらくはジャケット必須で、先生らしくいくことにします。
[PR]

by schnarak | 2006-11-04 12:17 | education


<< もやもやメモ      Happy Halloween! >>