2006年 12月 26日

学生のツボ

昨日こっちに来ていた学生(女3・男1)と会いました。
ラーメンを食べ、その後街をぶらぶら。
歩いているとドラッグストアの前で人だかりが。
女の子たちが吸い寄せられるように近づいて行きました。

きれいめお兄さんがマイクをつけて話しています。
台の中にある化粧品を手に取りながら、
お兄さんのうまいトークににやにやしていると、小さい袋が配られました。
その中に配られたサンプルをいれるんだそうです。

目の前にある商品はいつもらえるのかとドキドキしながら
お兄さんから小さいサンプルをもらい、袋に入れる。
何種類かのサンプルをもらったあと、ついに話題が目の前にある商品へ。

キターーー!!と思っていると、 「ほしいものを指してください」。
「福袋と美白化粧水の両方ほしい人、手を挙げてください」などと散々じらされた後で、
「こちらの化粧品はタイムサービスで特別に30%オフでご提供します」とな。

その話を聞いた途端、学生が「先生、行きましょう」。
ついさっきまでサンプルをもらうために何度も手を出していたのに、、、
じらされてるときは「日本語が速いので分かりません」って言ってたのに、、、
人通りの多い道でしばらくみんなで大笑いしてしまいました。

ちなみにサンプル獲得数。
学生A・・・4個
学生B・・・3個
学生C・・・3個
私  ・・・2個

学生は「私たちは韓国人ですから!」と笑い、
サンプルを4個取った学生が、私に1個くれました。 うーん、負けた。。。
[PR]

by schnarak | 2006-12-26 11:15 | education


<< あけましたよおめでとうございます      地元で学生に会う >>