2007年 11月 08日

「日本語の日」

連続投稿5日目~頑張りますよ!

今年の演劇もようやく終わりました。
韓国の大学の日本語科の学生会にとって演劇というのは
仕事の締めを飾る一大イベントです。

去年は「セリフを吹き込んでもらえませんか」とネイティブに依頼があり、
発音の指導もしましたが、今年は全くなし。
二日前に見に行ったら、これは、やばい、という感じでしたが、楽しい2時間でした。

午前中にはスピーチ大会とカラオケ大会があり、
韓国人のパフォーマンス能力の高さに脱帽しました。

まずはスピーチから。
私が個人的に指導した学生は10人中3人。うち1人が入賞しました(2位)。

カラオケ大会は、総合パフォーマンス力で判断します。
ホールの一番前、スピーカー横に座っていたので、
聞いてる時間はなかなか試練でした。
「風邪を引いてるからマイクの音量を上げてください」と司会に頼む子もいました。
それは何気に反則なんじゃ?!と突っ込んでいましたが、
その子はまったく入賞対象外。
音響さえよければ(音楽の音量が大きすぎ)、かなり楽しめたと思います。

写真の彼のとき、なぜか突然他の学生が椅子を持って乱入してきました。
それで彼は椅子に座ってexileの「道」を熱唱してました。
c0048158_23264219.jpg


そして、お待ちかね演劇。
韓国の民話を日本語に訳して(過去の台本を使用)、PPTで字幕を付けて上演です。
c0048158_2327947.jpg


日本語はまあ片目つぶるとして、笑いあり、歌ありで、
今までで一番楽しめました(去年は見てないけど)。
c0048158_23272764.jpg


そしてフィナーレ。
スタッフが全部出てきます。
「演劇」という授業があり、参加することで単位がもらえるので、
以前より参加する学生がずっと増えました。
c0048158_23291371.jpg


2週間目くらいから準備が本格的に始まり、
参加している学生たちは本当に大変そうだったので、
その苦労が形になったと思うと、すこしホロリときました。
みんな、よくがんばったね!

c0048158_23373652.jpg打ち上げです。一番後ろの化粧が濃いのは、
ステージの化粧を落としていないからです。
あえて学生との写真を公開しますが、
こうしてみるとすっかり先生の顔になってるんですよね。
涙腺が弱くなる訳だ。





c0048158_23445946.jpgおまけ。タッカルビを食べに行ったんですが、
珍しく最後が焼き飯ではなくて焼きうどんでした。
うどんにコブが出来てました。
興奮しまくって、みんなに見せて回りましたとさ。
[PR]

by schnarak | 2007-11-08 23:14 | education


<< がっくり6日目      「手と手」 >>