2008年 06月 22日

沖縄

週末に研究集会参加のために沖縄へ行ってきました。土曜日の朝出て、日曜の夜帰ってくるという強行スケジュール。明日からまた普通に出勤なので、体力的にはへろへろです。でも楽しかった!





①生田尻悟郎に会う
②日本語教育の研究の刺激を受けてくる
③沖縄の食べ物を食べて、沖縄の空気を吸う
④旧友と親交を深める

です。

 田尻先生はNHKのプロフェッショナルでも特集されたこともあり、一部の世界では最近めちゃめちゃ有名になってきている先生です。講演を聴き、一緒にお酒を飲みカラオケをしてカチャーシーを一緒に踊らせていただきましたが、本当にすごい方です。メガネやヒゲに隠れてよく見えませんが、話を聞くときの目の鋭いこと。そして笑ったときの顔のやさしいこと。教師とはこの人のような人のことを言うんだなあ、とつくづく思いました。生き方に筋が通っていて、裏がなく陰もない。それはつまり自分に真っ正直に生きているということで、教育とは、教えるとは、先生/学生とは、更には生きるとは、ということを教えられた2日間でした。
 
 自分の理想に向かってそれまでは魅力的な話があっても耳を貸さずにがんばるんだ!というストイックな面が私にはあって、そのせいで時々自分自身が苦しくなることがありました。でも今回田尻先生のお話を聞くと、完璧に理想じゃなくても、その時々でbestな選択を選び続ければ、それが自分の色になり人生になり得るんだ、ということが分かりました。それが分かっただけでも今回は行ったかいがありました。
 
 ②の日本語教育の刺激、については、たくさんあるので、日々の教育実践も含めてこれから少しずつ書いていこうと思います。にしても。韓国にいた頃は、通常の仕事以外のことにも積極的に関わろうとしていたのに、東京に来た途端その余裕がなくなり考えることすら止めていた自分に気が付きました。仕事に慣れていないせいもあるけど、考えることをやめてサイボーグのように働くことを要求されている気がする…とかとかの、愚痴を沖縄で吐いてきました(これは今の職場の同期も言っていた)。うーん、気をつけなければ。

 ③。実質、沖縄らしい食べ物を食べれたのは昨日の夜の学会の懇親会の大学の食堂メニューだけでした。でもコンビニに行ってはスパム入りの沖縄のおむすびとタコスを食べ、更には買えるだけ買って帰り一応満足。海が見られなかったのが唯一の心残りです。沖縄に行って海が見られないなんて!!

 今回は2月に一緒に佐賀行った友人と一緒に行きました。彼女とは不思議な仲でよく考えれば3回しか会っていないのに、ずいぶん前からの友人のような仲です。その彼女が、彼女の人生において重大で積極的な決断をしたことを聞き、それまでの経緯や苦労を知っているだけに、本当に嬉しかったです。今回生田尻悟郎が見れたことと並ぶくらい嬉しかったかも。
 後は、韓国時代の知人(今は仙台在住)、大学院の同期(長崎在住)、大学院のゼミ関係の人たと(広島、KL、沖縄在住)に会ったりと、予想していない人たちにばったり出くわして、本当にびっくり&嬉しかったです。そしてその人たちに新しい仕事のことをちゃんと話せるのも嬉しかったです。
 それから、Y国大のK野先生、K大のK山先生にも、お会いすることができました。K野先生は去年の鹿児島の泥湯のことを未だに覚えていて、泥ネタでかなりいじめられました。むかついたので、酔っ払って色んな人にからみまくっていたKN先生の写真をばらまくことにしました。覚えてろよ~~K山先生は一見ハンサムなんですが、以前お会いしたときよりもおなかが…(涙)。あんなスリムなパンツは履かれない方がいい気がします。ベルトの上に明らかにおなかがのっかってました。ハンサムなK山先生が、酔っ払って居酒屋の床を這いずり回っていた姿を覚えているのは、このブログを読んでいる中では私だけでしょうか(笑)。

 次にみんなに会うときにはまた少し大きくなれますように!
[PR]

by schnarak | 2008-06-22 22:34 | education


<< おかしい      靭帯損傷 >>