日々のあわ

schnarak.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 31日

飛行機のトラウマ

 今日から念願の夏休みです。今年の夏休みは新しい職場1年目ということもあり、3日です。犬と遊べる日を1ヶ月前から待ち望み、チケットを予約していました。

 今日は朝一6時50分の飛行機でした。 5時半に起き6時に家を出て、 最寄り駅からリムジンバスに乗りました。お金を準備するのを忘れていて、後ろに並んでいる人の視線を感じながら、バスの入り口でもたもたしながら現金を払いました。焦って5000円札を出し 「小さいのないですか」と運転士さんに聞かれ、また冷や汗。でも無事バスに乗れました。ふう~




 羽田の国内線はターミナルが2つあります。 ターミナル1はJAL系列、ターミナル2はANA系列。 間違えないように、と前の晩ターミナルを確認しました。 おまけに搭乗ゲートまで確認しました。 バスが着くのがフライトの30分前だけど、いいでしょ。 10分前までに行けばいいって書いてあるし、大丈夫。リムジンバスでアナウンスを確認し、 遠い方のターミナル1で降りました。

ここまでフライトの25分前。

”韓国に帰るとき、よくここでご飯食べたな~” ”あそこのお弁当おいしいんだよなー”
なんて感慨に浸りながら、少しだけ歩き、 ”まあまだ早いけど入るか”と思い、 20分前に保安検査場へ向かいました。二次元バーコードをかざしたら、 ピッといって見たことのない紙が出てきました。

「チェックインを先にお済ませください」

ウェブチェックインしたはずだけど…あら恥ずかしい、と思いつつ列を抜け、チェックインの機械を操作しに行きました。 QRコードがあるにも関わらず、 「マイレージクラブカードをお入れください」 。あれ?これはおかしい? と思い、係員の人に聞こうと振り返ったその瞬間、 はっとして、携帯を確認しました。やっぱり、今日乗る飛行機は「ANA」。 15分前にいたターミナルは「1」。 足が震えました。前科者としては、これはあり得る話です。”また自腹でチケット買うのかな…” 振り返ってJALの係員の人に聞きました。「ターミナル2へはどうやって行ったらいいですか」

ここで、フライトの15分前。

 羽田の中はターミナル間連絡バスで移動します。 ターミナル間連絡バスは、 ターミナル1→ターミナル2→国際線ターミナルの順に巡回しています。バスの横に書いてあるその経路もよく目に入らず、とにかくバスに乗りました。 ターミナル1の次に行くのが 国際線ターミナルだったら絶対無理でしたが、幸いなことに、次はターミナル2でした。

ターミナル2に着いたのが、フライトの10分前。

エスカレーターを駆け上がりたいのをぐっとこらえ(スーツケースがあって無理)、空いている手荷物検査場へ走りました。でもテレビの画面に広島行きの情報が流れていません。また青くなり係の人に聞いたら、「ゲートがここから離れているからですよ」と言われてほっとしたのもつかの間、それからは、空港でよく見る、あれです。「広島行きのお客様、いらっしゃいませんか~!」と叫ぶ地上係員に向かって手を上げる私。 それから二人で走ります走ります。

やっとのことで自分の席についたのが出発時刻の3分前。ふはーと思いながら、一気に疲れが出ました。でも飛行機の中ではちゃんと機内販売の雑誌と本を読み、朝ごはんを食べ、少し寝たら広島でした。飛行機に遅れそうになっても、いつもと変わらないことができるなんて
図太くなったもんだと我ながら驚きでした。

帰りの広島発の飛行機は間違わないだろうけど、今度羽田を使うときは緊張しそうです。皆様も羽田をお使いの時はお気をつけくださいませ。
[PR]

by schnarak | 2008-07-31 22:52 | days


<< 毎日のこと      写真美術館@恵比寿 >>