日々のあわ

schnarak.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:days( 112 )


2009年 01月 03日

明けましておめでとうございます

 2009年、明けましておめでとうございます。例年通り、実家でだらだら生活を送っております。例年1月1日の午後にいただいた年賀状を元に年賀状を書くんですが、今年はプリンター(の持ち主である私)が東京に引っ越したので、年賀状書きが年内に終わり、年明けは暇に輪をかけて暇です。夜な夜な花札と大富豪を繰り返し、お年始周りには着物を着ました。しかし、着物もいとこの子どもに負け、早々に平服に戻って子どもの取り合いに参加したのでした。
 
 2008年の目標は、①韓国語検定、②TOEIC、③研究論文でしたが、何一つ達成されておりません(笑)。もう少し現実的な目標にすればよかったな…。2008年は新しい仕事が決まって東京に引越しました。それから9月には台湾で教育実習をしました。今年は、職場と新しい仕事に慣れるのが精一杯で、これといった新しいことは出来ずに終わりました。新しい職場には色んな思いはあるけれど、まだまだ勉強するところがあるので、もう少し続けてみようかなと思っています。

 2009年の目標・・・「無理をせず周りの人と仲良く」

 1月3日に定期が切れるので、東京に戻ったらすぐに定期を買わなければなりません。あと半年、今の二人暮らしが続くかどうか…なーんて、普通に続くと思いますけどね。そろそろその辺りも覚悟を決めないといけない足音がしているような気のせいのような。姉妹二人暮らしは気楽でいいもんです。
 
 2009年がみなさんにとって飛躍の年になりますように!
[PR]

by schnarak | 2009-01-03 13:20 | days
2008年 10月 19日

神戸へ

 週末に神戸へ行ってきました。学生時代に何度か行ったことはあったけど、いつも三宮近辺で買い物ばっかりでちゃんと観光したことがありませんでした。

 三宮からまずは生田神社へ。中で椅子に座って正式参拝をしている外国人がいたので、なんだろーと思ってみてたら「ニューオーリンズの人たちなんですよ」とその人たちを案内している人が教えてくれました。せっかくなので勝手に写真を撮らせていただきました。
c0048158_2127142.jpg


 それから徒歩で北野・異人館エリアへ。すんごい山の上にありますが、上ると景色がいいです。すごい坂の上に階段やら小さいお店やらが並んでいる町並みが、パリのモンマルトルを思い出します。スコットランドからパグパイプの人たちが来ていました。パグパイプを聞きながら彼らの衣装を見て、”あーあの人たちは男性なのに一生の中でスカートをはく経験ができるんだなー”と思ってしまいました。もうちょっとましなこと考えればいいのに(笑)。「異人館」という名前はある種差別用語ではないかと、帰ってから話題になりましたが、すっかり定着している微妙な日本語の1つなんでしょうか。
c0048158_21295843.jpg


 先週は横浜、今週は神戸で、最近は週末遊びまくっているのですが、いつからともなく私のお財布の出費の半分くらいを交通費が占めている気がしてなりません。横浜も神戸も海があり山があり町並みがきれいという点では本当に甲乙付けがたいのです。坂がそんなに急じゃないという意味では横浜が上だし、ジャズがあるという意味では神戸が上だし。あーでも西日本出身者としては神戸の人の方が人情味があって好きかも。帰りのタクシーでおっちゃんに「この道はこまんかったらすごい早いんやけど、トンネルん中でなんかあったりして混んだら一発なんですわ」と散々おどされたし。急いでるからタクシーに乗ってるのに、脅さないでくださいよー(涙)

 そんなこんなで楽しい週末でした。また明日からがんばりましょー!

おまけ。坂の一番上にあった「うろこの館」。あの坂上ったぜ!という証拠写真。

c0048158_21302169.jpg

[PR]

by schnarak | 2008-10-19 21:36 | days
2008年 08月 17日

毎日のこと

 夏休みが終わり、新学期が始まって新しいクラスも始まりました。とりあえず1週間が過ぎて、また明日から一週間です。
 

More
[PR]

by schnarak | 2008-08-17 23:32 | days
2008年 07月 31日

飛行機のトラウマ

 今日から念願の夏休みです。今年の夏休みは新しい職場1年目ということもあり、3日です。犬と遊べる日を1ヶ月前から待ち望み、チケットを予約していました。

 今日は朝一6時50分の飛行機でした。 5時半に起き6時に家を出て、 最寄り駅からリムジンバスに乗りました。お金を準備するのを忘れていて、後ろに並んでいる人の視線を感じながら、バスの入り口でもたもたしながら現金を払いました。焦って5000円札を出し 「小さいのないですか」と運転士さんに聞かれ、また冷や汗。でも無事バスに乗れました。ふう~

さて、
[PR]

by schnarak | 2008-07-31 22:52 | days
2008年 07月 21日

写真美術館@恵比寿

 日本は海の日で3連休です。3日丸々の休みは初めてかも。嬉しくてお昼まで寝てしまいました(笑)。そして、2週続けて同じものを見てきました。今森光彦写真展「昆虫 4億年の旅 進化の森へようこそ」 
 取り込む光によって色が変わるさなぎとか、フンコロガシとアフリカの青い空とか、カマキリのダンスとか、昆虫って色んな顔があるんだなーと思いました。セミの脱皮を時間を追って取ってる写真があって(セミって脱皮するのに6時間くらいかかるんですよ!)、脱皮するときって痛いのかなー、とつぶやいたら、一緒に行った友達に脱皮したことないからわかんない、と言われました。ちぇっ。
 写真を著者名入りで貼ろうとしたら、やっぱできないらしいのでサイトだけで。オフィシャルサイトもどうぞ。これが今森さん。ありがたすぎて後光がさしているのではなく、それは壁の絵のせいです(笑)。
c0048158_1324961.jpg

[PR]

by schnarak | 2008-07-21 13:27 | days
2008年 07月 18日

学期末

 走り続けて3ヶ月、ようやく学期末です。出勤簿の印鑑も3ヶ月を越えました。先週辺り全く消耗してしまい、夜は帰ってお風呂に入って寝るのが精一杯という日が続いていました。毎朝起きて、決まった時間に出かけるのってほんと大変なんですね。

 3ヶ月経って見えたことといえば、職場の中の人間関係。朝の挨拶をPCに向かってする人や、チャイムと同時に帰る人、愚痴を溜め込んでいる人、たくさんの仕事を裁ききれずにテンパりながらも仕事を引き受ける人、などなど。それでもみんなそれぞれに消耗してるんだなあと思います。
 
 少しでも快適な環境にしたい思い、挨拶からと思ってはじめたことは、ほんの少しだけ効果が出ているようです。夏休みの間にリフレッシュして、新しいことを受け入れる余裕ができたらいいな。
 あ、そうそう月末にかけて少しだけ実家に帰ります。広島近辺の方、もしご都合が合えば遊んでください。
[PR]

by schnarak | 2008-07-18 00:45 | days
2008年 05月 25日

週末

 日本に帰ってきてからというもの、楽しい毎日を送っています(8割くらい?で)。韓国にいたときも楽しかったけど、安心感が違うので”楽しい”と感じる度合いが高くなってる気がするのです。帰国する留学生の気持ち、分かるなー。

 今週末は結婚式の2次会と学会。2次会だ!と準備にわーわー騒いでいた割にあっけなく過ぎてしまいました。新郎側の友達で、彼とも私が行ってもいいんですか?というような関係だったのですが、そんな居心地の悪さもなく3次会まで参加してしまいました。普段は話さないような職種の人と話したり同郷の人と出合ったりと、実り多い会でした。新郎に感謝!
 で、日曜日は学会参加。ほんと久々のアカデミックな刺激だったのでかなりついていけてませんでしたが、ふーんふーんと思うこともあり刺激になりました。友達とも話したんですが、日本語教育学会にしては男性が多かった気がします。しかも年配。わーこんなに男の人いたんだーという感じ。都心から遠く、自宅からも遠かったので発表は余り聞けなかったので、これから予稿集を読んでみます。

 と、こんな週末を過ごしたので、風邪は治っていません。夜中も咳き込んで目が覚めるので明日は病院に行こうと思います。それでは皆様、新しい一週間もまた頑張りましょう!
[PR]

by schnarak | 2008-05-25 23:47 | days
2008年 04月 23日

たんこぶ

たんこぶって言いますか?

今日、テストをさせている間に教室内をうろうろしていたら、
天井からつるされているテレビ(固定されてるやつ)の角に
しこたま左のおでこをぶつけてしまいました。
目から星ではなかったけど、しばらくうずくまるくらいでした。

泣きそうなくらいイタイのに、学生は必死でテスト用紙を見つめていて、
誰も心配してくれませんでした。だからブログに書きます。

お風呂で触ったら腫れてました。イタイ。イタイよぉ~~


そういえば、今日授業がすんで教員室のドア開けたときに
「ただいま!」って言いそうになりました。

そしたら冷静な同僚に冷静に突っ込まれました。

「awayからhomeなんですね~。ちょっとおもしろいですね」

全くその通り。是非はやらせてください。
[PR]

by schnarak | 2008-04-23 23:49 | days
2008年 03月 25日

ソウル&バンコク旅行

仕事が決まったら行こうと思っていたバンコクに、ソウル経由で行ってきました。

c0048158_20203195.jpg

日本は小春日和、ソウルも春めいてました。
春めいて、というよりも黄砂がひどいらしく、けむってます。
ソウルでは妊婦になった友達のおなかをなでて、
「早くでてこーい」「いや、まだ出ないで~」の繰り返し。
新しい命の誕生です。楽しみ楽しみ。
c0048158_20205081.jpg



ソウルで1泊した後、真夏のバンコクへ。
空港に着いた途端、むわっとする空気に体中がむずむずします。
新しいスワンナプーム空港は薄暗い穴倉のような感じです。
c0048158_2033394.jpg


次の日はお決まり観光コースを。
BKKの友達みんなに「なんで今更?!」と突っ込まれました。
今までにも何度も行ったことがありますが、
印象が変わってるかな~と思って行きました。
あんまり感動はありませんでした(笑)。
でもサバーイサバーイのタイらしく堂々とした涅槃仏でした。
c0048158_20211059.jpg



お寺にいた犬。涼しそう。生まれ変わるなら、
お寺の石畳の上で昼寝するのが日課の犬になりたい。
c0048158_2021244.jpg


タイでは食べたいものがありすぎて、
常に「おなかすいた、○○食べたい」を繰り返して、友達に呆れられました。
元々食い意地張ったキャラじゃないんですが(むしろ小食)、
一度食のスイッチが入ってしまうと止まらなくなるようです。
トムヤムクン、ヤムウンセン、ソムタムタイ、ムーサテ、ガッパオ、などなど、
他にも言葉通り死ぬほど食べましたが、名前忘れました。
お陰で体重が3キロ増。今日からダイエットです。

因縁のパッタイ。これがどうしても食べたくて
初日から探しまくってましたがなかなかなくて、
最終日のお昼にようやく見つけました。
c0048158_20225743.jpg

さすがにパッタイを食べた後、おなかが少しおかしくなりました。

今回の旅は日本語教師としての自分の原点を確認するためでもありました。
人種のみならずジェンダーも混在するタイで
言葉も分からず、日本語教師のイロハも分からず必死で過ごした1年。
なんでもありのこの状況で、日本語を楽しく話す学生の姿が見たくて
毎日クラスに行っていた気がします。

当時の学生とも会うことができました。
彼はずいぶん日本語が上手になっていて、
今は都心のデパートの食品売り場で日本語を使った仕事をしているそうです。
別れ際に自分の名前の入ったボールペンをくれました。

次にタイに行くのはいつになるか分かりませんが、
今よりももっと大きくなって行けるといいなと思います。
[PR]

by schnarak | 2008-03-25 21:08 | days
2008年 03月 04日

サクラサク

ご無沙汰です。長いこと放置しておりました。

2月末に教師学のワークショップを受けに佐賀に行っていました。
ワークショップは2泊3日、うち丸2日勉強して、あとは福岡観光しました。
疲れが出始めた2日目の午後、電話が鳴りました。

「4月1日付けで採用ということになりました」

大学に履歴書を送りまくっていた年内、
ぐるぐると回っていた1月、動いては違うと感じていた2月が過ぎ、
ようやく仕事が決まりました。

次の仕事は東京です。
日本語学校の先生で、専任で、IDカード(というか名札)があります。
更に!ボーナスも諸手当てもつきます(多分。まだもらってないから 笑)。
ぐふふ。




ワークショップ2日目の夜、教師学に関連して
博多でモツ鍋を食べながら色んなことを話しました。
(教師学というのは先生と生徒の関係を
どうしたらよくできるかという内容の分野です)

気がついたら焼酎のボトルがキープされていて、
隣の友達は少し涙目で、私は酔っ払って、
3人でなんで先生になったかという話をしていました。

韓国1年目、必死で前に進んでいた頃教えていた学生が
2年目に留学に行き、3年目に上手になって帰ってきました。
その彼を3年目を1年間教えました。
彼の日本語は留学に行っていた間に見違えるほど上手になっていました。
でも性格のせいかクラスでは余り話さない方でした。

最後の期末テストで彼がメッセージを書いていました。

「先生は日本へ行ってもいい先生になると思います」

なんで先生なんて仕事をしているのか未だに分かりませんが、
こんなことを言ってくれる学生がいる以上、
もう辞めることはできません。

辛かった1月、何度学生の顔が浮かんだことか。
部屋に積まれた教材の山を見て、
今ここで辞めることはできないと思い直したことか。

長かった。ほんとに長かった。でも諦めなくてほんとによかった。
日本で日本語を教えたいという思いを持っていた私には、
これからが本当の勝負です。

明日新しい学校に教科書をもらいにいきます。
希望に胸を膨らませているのは、学生だけじゃありません。
[PR]

by schnarak | 2008-03-04 23:31 | days