日々のあわ

schnarak.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2005年 09月 29日

事故がありました。

今日は重くて暗い話です。

昨日も遅くまで仕事をしていたんですが、帰る頃になって同僚が
「今学校の前で事故があったらしいよ。学生が一人亡くなったって」と話に来ました。

事故があったのは8時くらいにで、10時にはその情報が伝わっていたので、
事故の激しさが容易に想像できます。
亡くなったのは新入生の女の子だったそうです。加害者もうちの学生。やりきれません。

昨日その話を聞いて家に帰り、今朝は事故の現場で実況見分しているのを見ました。
その後、授業をし仕事をしていたんですが、
午後遅くになって学生会の学生が部屋に宿題を出しに来ました。

宿題を出した後、「実は・・・」と言って話を始めました。
彼は今日ソウルの病院までお葬式に行ってきたそうです。
その様子が辛そうで、聞いているこっちまで辛くなってきました。

その後、明日の午前中に亡くなった学生を乗せた車が校内を回ると言う話を聞きました。
「その時間は学生は全員沿道で彼女を見送るので授業に出られません」
という連絡だったんですが。。。

亡くなった学生のお母さんはショックで倒れてしまったとか。
今朝の実況見分では加害者の学生とそのお母さんらしき人が一緒にいたとか。

たった18年19年の人生が一瞬にして消えてしまった学生、
これからの人生その事実を背負って生きないといけない学生、
友達が亡くなった現場を毎日見ながら学校に来ないといけない学生、
突然の出来事を背負って生きないといけない家族、
色んなことを考えると何も言えなくなります。

こんなことが二度と起こらないよう、
このブログを読んでくださっている人たちの周りにこんな悲しいことが起こらないよう
ただただ祈るしかありません。
みなさんも、どうか、気をつけてください。
[PR]

by schnarak | 2005-09-29 01:17 | korea
2005年 09月 25日

人生って

なんて重いタイトルだと「どうした?」って思われそうですが、
別に大したことはありません(笑)。
今日からゼミの後輩?が調査に来ています。
私よりも年上なんだけど、ほわっとした雰囲気で一緒にいると和むので大好きです。

その人と話してて気づいたこと。

やっぱ人生ってバランスが大事だわ。
仕事ばっかりだと結婚できないし結婚したときにうまくいかない。
家庭を大事にしすぎると歳を取ってから後悔する。
大事なのはどっちの軸にも偏りすぎないこと。

かなり消極的な理由で韓国に来て、ラッキーなことにそのまま楽しんじゃってるけど
今はもう学生じゃないし、仕事して一人前に働いてるんだから、
自分のやりたいように人生のコマを進めてもいいんだよな、ということに最近気がついた。
今のところを辞めるのは自分の意志で決めていいことだし、
次にどの国に行くのかも自分で決められる。

今までは「学生だから~ないといけない」って
我慢したり頑張ってたところがすごくあったけど、
もう頑張らなくて楽しんでもいいんだと思うとふっと楽になった。
やっと仕事をしてるって自覚がでてきたのかな。


おまけで、飲み会の席での話。
一つ上の人だったら誰を落とすか、という話になって、
なぜかその場にいない私が真っ先に出てきたらしい
(その話題をふった人のツボ、という話もあり)。
私は「壊したくなるタイプ」なんだとか。
普段は強がってるけど実はすごく脆くて、それを壊したい、とか。
気のない素振りを見せといて、、、うーん、そうこられると確かに落ちます(笑)。
よく見てますな。はっはっは。

うーん、今日はなかなか支離滅裂なブログでした。。。
[PR]

by schnarak | 2005-09-25 23:59 | days
2005年 09月 18日

地下鉄1号線

友達カップルが誕生日にミュージカル地下鉄一号線をプレゼントしてくれました。
(サイトを探したんだけど、日本語のが見つけられず日本公演のときのサイトです)

元々は『Line1』という題名で、ドイツが原作だそうです。
婚約者に会いに来た女の子が初めてのソウルで色んな人に会うっていう話なんだけど、
すごく人間味のある作品でした。

何万人もの人が行き交う地下鉄の駅の中で
毎日深夜の駅で寝てしまうサラリーマン、
自分を抱こうとしないインテリ青年に思いを寄せる娼婦、
体が痛くても毎日屋台を出すおばあさん
(下の写真のおばあちゃんです>超ブレまくりですみません汗)、などなど。
みんなそれぞれの人生の中で、希望や喜び、切なさややるせなさなんかを抱えながら
毎日を一生懸命生きてるんだっていうのを感じた時間でした。

思ってても言えない、言っちゃいけないって思ってしまうことってたくさんあって、
そんなものに埋もれて、大事な自分の気持ちを
見失ってしまいそうになることってあると思うんです。
そんなことが続くと、心が乾いて、表情もなくなってしまう。
セリフの一言一言が心にしみて、気がついたら涙がぽろぽろ出ていました。

実は昨日は狭い劇場の最前列、ド真ん中だったんですが、
泣いている私を見たせいか、前で歌っている役者さんの目にも涙が。感動しました。

今度は大事な人と一緒に見たいな。
(こんなに素敵な誕生日プレゼントは初めてでした。ありがとう!)

c0048158_22405765.jpg
c0048158_22434686.jpg

[PR]

by schnarak | 2005-09-18 23:14 | korea
2005年 09月 15日

英語のクラス

今週の月曜日からランゲージセンターで英語のクラスが始まりました。
一日1時間、3ヶ月で1万6000円。
隣の建物だしまあ行ってみようか、くらいの軽い気持ちで行ってみたら、見事はまりました。
英語の勉強、おもしろいです!

韓国語も引き続きしてはいますが、インプットがまだまだ少ないせいか、
とにかく聞き取れない。
それに比べて英語は先生が話すことがほぼ分かる。
こうなると、もっと話したくなるんだな。

今週は初めの週なので、お互いに慣れることから。
授業の最後で「じゃあ私に何か質問して」と先生が言うので、
「どうして韓国にきたんですか?」と聞くと、意外な答えが。

彼女はワシントンDC出身で、アメリカで広告の仕事をしていたらしい。
その仕事に飽きて旅行に行った先が、中国、日本、韓国。
中国では給料が安くて教えられず、日本では学生が来ないので教えられなかったらしい。
日本人はアメリカ人に対して、第2次大戦のせいで否定的な人が多いとか。
だから教えられなかった、と言っていた。
その後「日本が韓国を何年占領してたか知ってる??」という話しになった。
(1910年から1945年なんだそうです)

う~ん、微妙なスタート。。。

彼女のことは好きだけど、そんな理由で日本では教えられないと言うんであれば、
日本人である私にも否定的な見方をするかもしれない。
私としては、歴史ももちろん大事だけど、
それよりも語学教師としての彼女をすごく尊敬するし、
英語が勉強できることが幸せなんだけどな。
話の分かる人であれば、そこは切り離して考えてくれるとは思うけど、
いつか二人でその話をすることになるんじゃないかと、思った。広島出身だし。

彼女って、私のとっても初めてのアメリカ文化なんだよね、実は。
だからこそ、大事にしたい。

ちなみに先生は3人いて、私の一番のお気に入りはその50歳近くの彼女。
いかにも語学教師って感じのふっくらしたおばちゃん。
先生ってやっぱり女の人の仕事なのかもなーとふと思った。
[PR]

by schnarak | 2005-09-15 23:19 | korea
2005年 09月 10日

ソウルに出ると。。。

今日も韓国語の学校でした。
ふえーーーー(涙)。大変でした。。。

先生、文法一気にいいすぎ。そんなに早口で言ってたら分からんって。
2ヶ月も遅れてるのにいいいいい。
というのは私だけで、他の人は割と想像しながら理解してるから、すごい。

で、まあ、かるーく学生とデートして帰ったんですが(!)、
無事に何もなく帰って参りました。
ああ、よかった。  ←って、何かあったら困るがな!
二人で焼肉食べて、デザートのアイスをごちになりました。(焼肉は私が少し多めに払った)
アイスはほんとおいしかった♪
red mangoだったかな、今度来る人がいたら一緒に行きましょう!

そしてなぜかソウルに出ると、帰る頃には頭が痛くなるのです。なぜ?
普段が普段だけに、余りにも都会過ぎて体がついていかないのかしら??
ゆっくりお風呂に入って、ねまーす。
[PR]

by schnarak | 2005-09-10 23:15 | korea
2005年 09月 07日

韓国の文化?

今会話の授業でロールプレイをしています。
使っている教材は大学で留学生のクラスをお手伝いをしていたときに使っていた
『ロールプレイで学ぶ中級から上級への日本語会話』(山内博之2000、アルク)です。

ムダなものはなく、それでいて必要なものはそろっているテキストで、
こんな教材がもう少し増えたらいいのになーと思います。
あでも、ロールプレイを授業で初めて使う先生に向けた使い方のヒントみたいなのが
もう少し詳しくあってもいいかな~
どなたかロールプレイを授業でさせる場合の注意が書いてある本を
ご存知でしたら教えてください!
いやしかし、これは日々の修行なのか(笑)?!

この中で学生にさせるとおもしろい展開になるものがあります。

第2課ユニット2 休みの日に【デート】
A:あなたは、同じクラスのBさんに好意を持っています。クラスメートなので、
  誘うのは少し恥ずかしいのですが、コンサートのチケットを2枚もらったから
  と言って、Bさんを誘ってください。
B:同じクラスのAさんに、コンサートに誘われます。しかし、Aさんにもコンサートにも
  あまり興味がありません。Aさんの気分を悪くしないように、うまく断ってください。

電話で誘うという設定で男女のペアになりさせたのですが、どのペアもなぜかけんか別れ。
「あなたには興味がありません」「コンサートは嫌いです」などなど、
日本人的にはありえない発言が続出。
で、言われた相手はむかむかしているのかと思えば、余り気にしておらず、
彼らの発表を見ている他の学生はけらけら笑ってたりする。
うちのクラスだけかと思ったら、もう一つのクラスでも同じだったらしい。

教室の中にいた日本人は私だけ。あとは全て韓国人。
その断り方が余りにも自然なので、日本的に「やさしく断る」練習をさせることに
意味があるのか?!と一瞬考えてしまいました。
第2言語ではなく外国語を教える場合、時々こんなことを自問自答したりします。

結局は嫌なものは嫌だとはっきり意思表示をするのが
韓国的なんだろうというところに落ち着きましたが、
それを対日本人にすると必ず衝突が起こるので、それは伝えないとね。
日本語が上手/下手っていう印象って言葉の使い方にも左右される気がするし。
そんなこんなで最近はどきどきする会話授業を展開しております。
[PR]

by schnarak | 2005-09-07 16:33 | education
2005年 09月 03日

語学の勉強

今日は2ヶ月ぶりに韓国語の学校でした。
久々の勉強でしたが、昨日予習をばっちりしていたので結構余裕でした。
へっへっへ。

びっくりしたのが、先生の教え方。最高でした。
7月に初めて入ったクラスの先生とは違う先生だったんだけど、今日の先生はすばらしい!
学生をよく見ているし、見てるだけじゃなくてちゃんと対応もしてくれる。

例えば、、、新出語彙を使った例文での練習。
新出語彙が分からず、”何?何??”という雰囲気に気がついて語彙をちゃんと板書する。
既習語彙だけど、定着せずに忘れてしまっている語彙の意味も
一つずつ確認してから練習に入る。

ドリルの仕方もかなりほれぼれしました。
普通のチェーンドリルでしたが、学生の手元にある既習のページの語彙を使うことで
安心して他の人の練習を聞くことができました。

やっぱド初級のうちは予想できることを聞かれるのが安心できていいですな。
(反省。)

学生たちの余りの理解のスピードに少し困った顔もしていましたが、
全体的に穏やかで自信を持った授業をされる先生でした。
きっと初級を何度も持ったことがある人なんだろうな。
でもこれで1ヶ月が済んだところなのに、私がいたクラスよりも進度が速いのはなぜ??

先生はいいんだけど、気になったのが学生の雰囲気。
全部で8人いるんだけど、うち語学教師が私も含め5人。
アメリカ人の女の子が2人、日本人が2人、カナダ人が1人。
残す3人は会社員の駐在とその妻。

人数が多いせいか、思いっきりわかれちゃうんだよねー
会社員VSアメリカ人VS残り、みたいな感じで。
その雰囲気になじめず、来週からはやっぱり元のクラスに戻りたいと
事務の人に伝えて帰ってきました。

そうしてる間に前のクラスの友達がクラスの開始に合わせて来校。久々に盛り上がりました。
前のクラスは何がいいって、雰囲気がいいんですよ。
みんな”何か伝えたい!”って感じ。

つまりですな、私が帰国していたうちに進んでる分(約5課)を自習せねばならんのです。
過去形とか入ってるんですが、大丈夫なのか、私。。。
未だにパッチムとかよく間違えるし、一人でやってると読み方わかんないし。
こりゃー誰か学生捕まえて、会話の相手をしてもらわないとだな~
[PR]

by schnarak | 2005-09-03 22:53 | education
2005年 09月 02日

秋の風物詩?

収穫の秋、皆様いかがお過ごしでしょうか?
今日はいかにも韓国らしい写真と共に、秋の?風物詩のご紹介。

キムチは季節に関わらず作っている様ですが、
作ったキムチは季節ごとに少し味が違うらしい(まだよくわかんないケド)。

それでですね、キムチをつくるためには大量の唐辛子が必要な訳です。
しかも生のものとパウダーのものと両方いります。
買えばいいじゃんというのは、邪道です、ハイ。ていうか足りないし~
韓国人はその唐辛子から作っているのです!
そしてその唐辛子を自宅で(またはお店で)パウダーにするのです。

アパートから最寄のバス停に行くまでに、民家とその畑の横を通っていくんですが、
その畑で作っているものは、軒並みとうがらし、とうがらし。。。
とうがらしって、初め緑色で熟れたら赤くなるんですねーーまるでトマトの様だ。

バスに乗って外を見ていると、歩道に何やら赤いものが敷かれている。
なんだ?と思ってよくよくみると、唐辛子ではないですか!!
おおおお!と思ったけども、そのときはカメラを持っておらず、撮影かなわず。
こないだソウルに行ったときに、見つけました。

食堂の前。ちなみに、この唐辛子の横を普通に車が走ります(笑)。
「雨が降ったらどうするの?」とそのとき一緒にいた韓国人に聞いたら、
「店の中に入れます」と、ずるずるひっぱる動作をしてくれました。
自宅(か店)の前で冬に使う分のとうがらしを乾燥させて、
自分でパウダーにするみたいです。

もう少し寒くなると、歩道には白菜も出回るそうです。
こんな風景を見ると”あー農業国なんだなあ”と思わずにはいられません。
ちなみに衛生面については触れないでください(笑)。

c0048158_22181889.jpg
c0048158_22183452.jpg

[PR]

by schnarak | 2005-09-02 22:36 | korea
2005年 09月 02日

誕生日!

さてさて、先日晴れて27歳になりました。
海外で迎える誕生日は3回目です。。。
でも今年は嬉しいことがありました。

その日、普通に授業をしていたんですが、突然教室のドアが開き、
関係のない学生が入ってきました。
”なんだなんだ?”とその学生の様子を伺っていると、彼の後ろから更に学生が。
なんと、火がついたローソクの乗ったケーキを手にしていました!!

ちょっと感動、割と泣きそうでした。
しかも「つまらないものですが」とお菓子までもらっちゃいました。
こういうのって日本語教えてる醍醐味かも~

授業を一時中断して、他の日本人の先生たちと一緒にハッピーバースデーを歌ってもらい、
クラッカーの音と共に火を吹き消した後、なぜか教室がパーティムードに。
お皿やジュースまで出てきて、みんなで食べました。
とはいえ、そのあと20分、ばっちり授業しましたけどね(笑)。
裏で企画してくれた同僚の先生たち、ありがとうございました!

授業が済んで研究室に戻ると、仕事をしているお母さん学生から
個人的にプレゼントをいただきました。
中身はなんと!「パンツの詰め合わせ(3枚)」でした。
しかも結構履き心地がいいんだなこれが。

先週誕生日だった同僚も同じセットをいただいたそうです。
いただいたパンツを履いている日には「今日履いてますよ~」といいながら
お尻をぷりっと突き出すのが合言葉(笑)。
そうすると相手も「私も履いてます~」とお尻で挨拶。
ちなみに、5月に誕生日だった先輩はブラとの上下セットをいただいたそうです。

んーこれは母の愛か?!
[PR]

by schnarak | 2005-09-02 00:11 | education