日々のあわ

schnarak.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2005年 10月 30日

ワインパーティ

昨日は英語科のクリス宅でワインパーティでした。
ワインと普段は食べないチーズをしこたま食べて、ほくほくで帰りました。

欧米系の人たちのパーティに初めて参加したんだけど、
基本スタンスとしては勝手に来て勝手に帰るって感じなのね。
だから乾杯もないし、終わりの挨拶も当然ない
(「楽しかったよ。帰るね~」ってのはあるけど)。
立食で常に誰かと食べながら話してる感じ。
英語が通じるか心配だったけど、「あなたの英語、きれいよ」とほめられました!
やったね!!(とはいえ、言いたいことは結構しどろもどろなんだけど。。。)

外国語学部英語科を中心に、ランゲージセンター、近くの大学の英語の先生、
英語科の学生、日本語科の先生などなど、
言葉にまつわる人たちが集まった会でした。

ランゲージセンターのJoeは今期で帰国するらしい。
「帰国して何するの?」と聞いたら「家を作るよ」と一言。
は???と思い、色々聞いてみると、とりあえず1年間は英語は教えないとか。
教えたり、海外で生活することに疲れたと言っていました。
で、まあ自分用に小さい家を作るということらしい。
家までも自分で作るという発想に驚いて、酔っていたこともあり、
一人でくすくす笑ってしまった。(Joe、ごめん)

英語科の学生のうち、一人は幼稚園で英語を教えているらしい。
「そんな小さい頃から英語を教えるのってどう思う?」と聞くと、
彼女もやっぱり「必要不可欠ではないと思う」と言っていた。
「子どもたちを集中させるために毎回すごい量のアクティビティをするのよ」という彼女に
横で聞いていたクリスは「教えるってすごくエネルギーがいることだよね」と。
「だけどそのエネルギーを彼らは返してくれるんだ」とも。
これが彼の教育哲学なんだろうな。

誰と話しても「(先生なのに)若いね!」と言われ、
よく周りを見てみると、英語の先生はみんな40歳以上でした。ははは。
そんな歳になっても海外での生活ができるって
やっぱり純粋にすごいと思ってしまいました。
仕事に振り回されず、自分の軸をはっきりと定める姿が印象的でした。
次はやっぱり言葉が使える国に行こうっと。
c0048158_2250491.jpg

[PR]

by schnarak | 2005-10-30 15:50 | days
2005年 10月 26日

考えること

ご無沙汰しておりました。
学会発表に、プライベートに色々ごたごたしておりました。
学会発表済んでも休む間もなく仕事なので、気分は常にマラソンですが、
充実してる証拠ですね。ありがたいありがたい。。。

福岡では大学院の頃お世話になったY先生にお会いすることができました。
6年ぶりの現場で、「新しい視点があるんじゃないんですか」って聞いたら
「いやーもう全然だめだなーって思いますよ」って言われてましたがな。
大ベテランでもそう思うんだなーと思いました。だから現場はおもしろい。
自分の仕事は人と人をつないで、ハッピーにすることだと言われてました。

大学時代の友人にも会えました。
3年ぶりくらいに電話したのに「あーうんうん、わかったー」と
まるで昨日も会っていたかのようなやりとりに笑い。
3時くらいまで話し込み、お互いの近況なんかを話しました。
長く付き合った彼と4月に別れて、
少し元気がなかった気がしたのが、気のせいだといいんだけど。

帰ってPCのお気に入りなんかを見てました。
いつもはBBSまで見ないんだけど、偶然にある記事が目に付きました。
アン・サリーのBBSね。
12月に広島でライブがあるので、
それに合わせて冬休み帰国します(帰ってばっかじゃんという突っ込みはさておき)。
誘いたかった友達もやっぱり私を誘ってくれようとしていて、
その日は一緒に実家にお泊りすることに。こういうのってなんか嬉しいよね。

そして、やっと本題。
彼女は子どもに「価値観の多様性を認められる人になってほしい」と思っているそうです。

最近これをすごく思う。
例えば韓国ではご飯を食べるときに器を持ち上げるのは行儀が悪いとされるけど、
日本では全く逆。
どっちが悪いっていうんじゃなくて、時と場合に応じて、
価値がひっくり返ることもあるんです。
そんなことを小さい子どもに話すと混乱しそうだけど、
だからこそ身に付けてほしいことだなあと私も思いました。

そんな中で大事なのは、流れを読み取ることなのかなあと思います。
周りを見て、自分のスタンスを決める。
どれか一つが正解って訳じゃなくて、どれも正解な気がすることもある訳です。
抽象的だけど。

12月のライブが楽しみです。
HPのストリーミングが聞けるので、是非聞いてみてください。
[PR]

by schnarak | 2005-10-26 00:49 | days
2005年 10月 18日

英語のテスト

今日は英語のmid-term testでした。
久々に学生気分でテストを受けました。
めっちゃ緊張したー

リスニングとライティングの問題が5問くらい?
事前に先生に出るところを教えてもらっていたので、
当日2時間の短期記憶で対応しました(笑)。

リスニング問題が初めにあって、一問ずつ何回か聞かせてくれるのかなーと思ったら、
リスニングはリスニングだけで3回まとめてきかせてくれました。
教えるの3人なのに、作るのは教えてないランゲージセンターの女の子です。
そして、教科書からそのまんまでした。しかも教科書のテープをそのまま。。。
残念ながら私はそのテープを持っていないので、そこまで勉強できませんでしたが。

色んな突込みはさておき、私はセンターの女の子の
左の薬指にはまっているものが前から気になっています。
多分、これ

見てるときれいだなーと思うんだけど、指にはまってるのを見ると、
結構太くてごついのです。
見るのとするのとじゃ大違いですな。

なんでこんなの見てるのかって?
そりゃー秘密よ♪(ていうか、余り意味はありません 汗)
[PR]

by schnarak | 2005-10-18 00:01 | days
2005年 10月 14日

育てられたように、育てる。

今日は研究日。
家で発表の準備をしてますが、色んなことが頭をよぎってなかなか集中できません。

・「人って自分が育てられたように、育てるんだろうな」
同僚と仕事の話をしていたときのこと。
その人は大学の頃も出席ばっちり授業態度ばっちり課題ばっちり
なところで育ったせいか、自分の学生にもそれを求めている感じがします。

私の中の先生像というのは、授業中に脱線する先生だったりします。
遠くの山を見ながら回想して、日が落ちたから終わろうか、みたいな。
そのきっかけは授業でやってたテキストだったりするんですが。
その先生の四方山話を聞き、先生の人生観を聞くのが好きでした。
それが結局は古典の解釈につながってる気がする。

どっちがいいって訳じゃないから、難しい。
教育って何なんだ??というのが近頃のテーマ。
基本的には「相手の成長を助けるもの」だと思っているんだけど(あくまで教師は裏方)、
余り細かく言いすぎても成長を妨げるし、ほっときすぎても伸びない。

今のところでは学生は卒業してから日本語を使う仕事をするだろうという前提のもと、
厳し目にすることにしています。
そうすると、細かい部分が気になって、大事な部分が見えなくなってくる。
教育者としての自信を失くしそうです
(そんな自信あってないようなもんだけど。ぺーぺーだし)。

・「人生のタイミング」
12月上旬で今学期は終わり、そのあと3月まで冬休みです。
来年度のことがちらほら聞こえてくる季節になりました。
1年契約の1年目なので、もう少し契約更新してもらえるとは思うけど、
本当にそれでいいのかな、とか。
どうしてここに来たのかとか、今の職場に満足してるかとか、色々考えてしまいます。
もう一年、一人で頑張れるんだろうか、自分。
これに加えて、ある出来事がありまして。ま、でも逃げる訳には行かないな、と。

・「イライラの原因」
全てが消化不良、保留状態なため、イライラ倍増。
昨日からなので、これは慢性的なものなんでしょう。。。



時間が全てを解決してくれますように。
とりあえず銀行に行かないといけないので、今からお出かけしてきます。
[PR]

by schnarak | 2005-10-14 14:27 | days
2005年 10月 13日

表と裏

チケット取りました。
来週の木曜には広島です。日曜には帰っちゃうけど。
何が楽しみって、インチョン空港の免税店が楽しみ。
「お金ないし~」ってどうせ見るだけなんだけど、
きらきらするものやきれいなものを見るのは大好きです。

最近実は身の回りで色んなことがあって、
一つの出来事の表を裏について考えたりします。
(そのせいか余り更新できません。。。)
初めはすごく魅力的に思えたことも、
時間が経つにつれ次第にその魅力を感じなくなって、
全然魅力を感じなくなったり逆に嫌悪してしまったりすることってありませんか。

こういう捉え方って振り子みたいなもので、
色んな要素によって強く向こうに振れてしまったり、こっちに戻ってきたりします。

こうやって気持ちが振れるのは昔から苦手です。
自分の器の小ささを感じるから。
いつになったら大人になれるのやら。
[PR]

by schnarak | 2005-10-13 22:18 | days
2005年 10月 08日

一時帰国します

月末の学会発表のため、福岡に帰ります。
準備が。。。中間テストの採点が。。。チケットが~~~!!
採点はとりあえず済んだものの、授業の準備をせねばなりませぬ。

広島経由で帰ろうかと思っていたら、広島より福岡の方が安いことが判明。
今までは韓国の安いチケットを学生経由でお願いしていたんだけど、
韓国HISだと日本語でも予約できることが判明。
やれることは自力でしないとね。
福岡のホテルを取ろうと思ったら、ビジネスホテルは結構満室。
いざとなったら福岡の友達のところに泊めてもらって、1泊2日かなあ。

むう、、、悩ましい。
[PR]

by schnarak | 2005-10-08 13:31 | education
2005年 10月 01日

在韓日本語教師会@ソウル

今日は同僚のHさんと一緒にソウルの在韓日本語教師会に参加してきました。
総勢50人くらいの会でしたが、設立10周年の記念の会だったので
食事会もあり、楽しい一日でした。
久々に会った人や今日初めてお会いした人など、色んな人に会うことができました。
研究に関して是非是非お友達になりたいという方にも会えて、うはうはです。

タイと比べて思うのは、研究熱心な人が多いということでしょうか。
研究日があって研究室がもらえるという環境で働いていて、
大学で働く場合修士号がいるってことも多いに関係ある気がしますが。
(博士号持ってたら給料違うしね)
あとはタイよりも男性の姿が見られます。
言わずもがなですが、研究者でかつ海外で教えてるような人は一風変わった方が多いです。

契約や給料、年金の話に始まり、韓国人スタッフの大暴露大会になり、
色んなことがうちだけじゃないということが分かりほっとしたりもしました(笑)。
でも3月からの半年で教科書を5冊も作ったという話にはびっくりしました。
そりゃー土日休みなんかないよなー

韓国でやっと職場以外の日本人の友達ができ、
研究の話や仕事の話(や愚痴)、人生の話なんかができたことに、
一息つけたって感じって感じです。
遠距離ってのはいまだにしっくりきませんが(笑)。
これが片付けば、仕事場が田舎でも文句いわないんだけど。

しばらく忙しかったので、今日はゆっくりして、また明日から活動します。
オイル入れてゆっくりお風呂入ろっと。
[PR]

by schnarak | 2005-10-01 22:55 | korea