<   2006年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2006年 08月 25日

新しい路線、開通!

韓国のうちに戻ってきました。韓国も暑いです。
セミが「ツクツクホーシ」ではなく、「ジージー」鳴いています。
まだまだ夏真っ盛りです。

帰ってきて、近所に住んでいる同僚とご飯を食べに行きました。
それで知ったんですが、新しくバスの路線が開通したとか。

今住んでいるアパートってなだらかな丘の上にあって、
バス停がその丘の下にあったんですよね。
だから毎日丘の下のバス停まで10分弱歩かないといけませんでした。
夜は暗いので、家族が迎えにくる人もいたり。
結構怖い道だったんです。

それが、丘の上の大きな国道を走るバスが増えたことで、
アパートのまん前までバスで来ることができるようになりました。

食事後、早速そのバスに乗ってみました。
大体の路線は前のバスと同じみたいで、
アパートの前で止まるか、下で止まるかの違いのようです。

アパートの規模がどんどん拡大されてるからなんでしょうが
(私のいる賃貸の1号棟に加えて、分譲の2号棟、3号棟が建設中)、
職場までもそのバスで行けるし、かなり嬉しいです!わーい!!
[PR]

by schnarak | 2006-08-25 11:04 | korea
2006年 08月 23日

福岡空港は便利ですよ

今福岡空港です。
できるかな~と思ってPCをつなぐと、無料でLANがつながりました!
すばらしい!!福岡a.p. LOVEですよ!!

フライトまで時間があるので、ブログを更新。

今朝は4時半に起き、始発のこだまに乗りました。
上りは6時に東京行きののぞみがあるのに、
下りは7時半までレールスターがないのです。まー下りだから仕方ないですかね。

新幹線の中で朝ご飯を食べて、うとうとしたら九州上陸です。
博多駅から地下鉄や連絡バスなんかもいれて大体40分くらいで
福岡空港に着きます。空港内の免税店もまあまあです。
エルメスとカルティエとロンシャンが入ってました。

一つ難点があるとしたら、博多駅構内から地下鉄の駅に下るのに、
エレベーター/エスカレーターの場所がよくわからなかったこと。
20キロを越えているスーツケースを持って、階段を下るのは大変なのですよ。

今私の後ろにおそらく中国の方と思われる人がいるのですが、
スカイプで話している様子(しかも大声)。
これも福岡ならではの光景かもしれません。

搭乗が始まりました。ぼちぼち移動します。
それではみなさまご機嫌よう!!
[PR]

by schnarak | 2006-08-23 10:03 | days
2006年 08月 22日

夏休み

今日で夏休みが終わりです。明日朝の飛行機で韓国へ戻ります。

明日は朝がとても早いので、今日は早く寝ないといけません。
「ちゃんと荷作りしとくのよ!」と言い残して、母は仕事に出かけました。
三食昼寝付きの生活も今日で終わりかと思うと、名残惜しくて仕方ありません(笑)。
もっと昼寝しとけばよかったー

2学期は、いきなり9月に来客があったり、連休の旅行(に行く予定)に行ったりと、
なかなかたくさんのイベントが目白押しです。
皆さんもこちらにいらっしゃる便があれば、是非連絡くださいね。

さてさて、そろそろ仕事モードに切り替えますか。
忙しいとか言葉が分からんとか文句ばっか言わずに、いい仕事しようっと。

c0048158_16562734.jpg

[PR]

by schnarak | 2006-08-22 16:54 | korea
2006年 08月 17日

あと1週間

日本滞在も残すところあと1週間になってしまいました。
今回は仕事をする予定だったのであっという間だろうなと思っていましたが、
やっぱりあっという間でした。
帰りたいような帰りたくないような。。。
いや、どっちかっていうと、帰りたくありません、ええ。

地元での仕事は昨日終わり、研修員たちは今朝無事に
次の地へ旅立って行ったそうです。
(日本語研修だけは一箇所に集めて行われました)

地元で仕事をしながら、その仕事が今の自分にどう役立ったか考えてみたり、
お盆休みで家族と田舎に帰ってみたり(写真参照)、
地元の友達と涙が出るまで笑い転げたり、
たくさんの人のお陰で、楽しい時間を過ごすことができました。

思い出してみると、日本に帰る前に
「あともう1年は向こうにいようかな~」と言っていました。
で、日本に帰ったら変わるかもと思っていたんですが、変わりませんでした。
あと1年と思うと、本帰国までにすることがたくさんあります。
また2学期もがんばるぞ~!エイエイオー!!

c0048158_11244467.jpg

[PR]

by schnarak | 2006-08-17 11:26 | days
2006年 08月 09日

鼻息と「こんにちは」

帰国してからも、少しですがお仕事をしています。
本業と同じなので、余り休んだ気にならないのは気のせいでしょうか。。。(涙)

まあそれはさておき。
今教えているのはカンボジアの人たちが二人。
クラスの一人はできないおじさん(40歳くらい)です。
何がすごいってクラスの人数もですが、そのおじさんのできないっぷりもすごいです。

でもね、彼、人と話がしたい気持ちは人一倍あるんですよ。
だからクラスにいる20代の男の人より英語使えるし、
日本語でもタスクのときはノリノリです。

で、彼の話です。
今日は電話をかけて人を呼び出してもらうというタスクだったんですが、
とにかく上がり症な人たちなので、教室でできててもカメラを回すとできなくなったり、
教室外の人と話すと途端に話せなくなったりします。
今日もそうでした。

まず、電話口では「もしもし、○○先生お願いします」といわないといけないところを、
「もしもし、○○お願いします」と言っちゃいました。
練習のころから間違っていたので、間違えるかもと思ってはいたんですが、
とりあえず電話口に出ていたのが本人じゃなかったのでOKにしました。

そして、用件を伝えて、電話を切るところ。
彼としては電話を切るタイミングが分からなかったらしく、
「それでは失礼します。またかけます」「はい、じゃあさようなら」という
一連の会話が済んだ後も、しばらく受話器を抱えて立ったまま。

私がカメラを回しながら、”もういいよ、受話器置いて!!”と
ジェスチャーで必死に伝えるもむなしく、10秒近く経過。


その後、彼は追い討ちをかけるようにこう言いました。


「こんにちは」



そして、ガチャン。




爆笑。

フィードバックをしながら、笑いをこらえるのが大変でした。
休み時間になって、その電話に出てくれた人に感想を聞きに行きました。


「何が怖いってね、電話口の鼻息が一番怖かったよ~
しかも、『こんにちは、ガチャン』だし、いたずら電話みたいだった~」(爆)
(注;彼女も日本語の先生です)



みんなでバカウケ。笑い殺されるところでした。
日本語の表現とかは私にも多少責任はあるものの、
鼻息までは指導できないからな~
(彼は何度も説明し練習したにも関わらず、
電話を切るタイミングが分からなかったそうです)

外国語を話していると、思わぬところで緊張して、
気づかない間に鼻息が荒くなっていることもあると思います。
そして、唯一頭に残っていた語彙が
会話を始めるときに使う語彙だったということもあると思います。

それでもいいのです。それでも英語を話さず日本語を最後まで話したSさんはエライ!

でも、このブログをお読みの皆さん、もしそんな電話がかかってきたら
ちょっとだけでいいので、大目に見てあげてくださいね。
[PR]

by schnarak | 2006-08-09 23:13 | education
2006年 08月 05日

うみうみ

市内に出かける用事があり、普段行かないエリアを歩いていると、
新しいものを見つけました。広島市内から出ている宮島行きの遊覧船です。
噂には聞いていましたが、なかなかのガラガラっぷりでした。ははは。
(この写真は宮島に着いてから撮影したので、「平和公園行き」になっています)

c0048158_11155625.jpg歩き疲れていたし、何より暑かったので、遊覧船に乗ってみることにしました。やっぱ夏は海ですよ!と言いながら、思いっきり街着だったので、ヒールのあるミュールに日傘、しかもスカートというおよそ海にはにつかわしくない格好で海を見てきました。










c0048158_11163817.jpg宮島に着くと、かわいい?(と広島の人は思えるんだろうか・・・)鹿がお出迎え。鹿よ、何故建物の中に入っていくのだ・・・そっちは自転車置き場だ。。。
宮島に行かれた折には、鹿が思わぬところからぬっと顔を出しても、驚かないでください。宮島の鹿はアツカマシイですから。









c0048158_1116557.jpgという訳で、海なのです!!ミュールでは砂浜は歩けないので、砂浜に続いている舗装された道を日傘を差して歩きました(笑)。海に来る人の格好じゃないですが、夕方で人が少なかったので余り目立たず。しばらく歩いた後で座って、海鑑賞。ここの海って小さい頃よく家族で来たんですよ~。日清のカップラーメンが出始めた頃だったらしく、海での食事は決まってカップラーメンとおにぎりでした。小さい頃は随分遠くに見えたオレンジのブイも、今ではなんであんなに近いんだ?って感じでした。大きくなったんだなあ~~
ところで海ってなんで松とセットなんでしょうね?

c0048158_11361077.jpgしばらく見ていると、散歩にきた(多分近くに宿泊していると思われる)家族連れが通りかかりました。水着も代えの服もなかったらしく、一番小さい男の子はTシャツも短パンも脱がされていました。パンツいっちょになったちびっこは帽子だけかぶせられて「パンツいっちょうマン参上!」と言いながら、海へ走っていきました。それを聞いた親たちは、半分めくれたパンツのお尻を見ながら「半ケツだけどね~」と突っ込み。お母さん、ナイス突っ込み!!





c0048158_11551347.jpgその後はいつものようにフェリーで宮島口まで。フェリーから見える大鳥居もなかなかいいもんです。














c0048158_1155318.jpg必死に携帯で写真を撮っていると、地元の悪友から電話が。「すごいタイミングでかけてくるね~」というと「(一人で宮島なんて)変な人じゃね~」の応戦。いいんです、海が好きなんですと開き直りつつ、やっぱどっかずれてるのかな?と思ってみたり。まーいいのです。海見れたし!










c0048158_11424942.jpgという訳で、有意義な夏を過ごしております。次は海に入りたいな~
[PR]

by schnarak | 2006-08-05 11:51 | days