<   2006年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2006年 11月 30日

わたしつかれましたわ

上から読んでも下から読んでも「わたしつかれましたわ」、、、
かなーと思ったんですが、違ってました(笑)。

今日はほんと忙殺される一日でした。
授業は4時間、それほど大変ではないんですが、それ以外のことで。

明日までに出さないといけない書類があり、
朝からそれをみんなで作っていたんですが、
平行して私はテストを仕上げる作業もしてました。
まあようは忙しかった、と。

同僚が年上ということもあり、なにを言うか、そしてどう言うかに
頭を悩ませることがあります。
同期いわく「言わずに溜めるたちだから言った方がいい」そうなんですが、
言えないのよ~~(涙)

相手に非があるように自分にも至らないところがたくさんある、
と思うと言えなくなってしまいます。
で一度言えないと、その後もずっと言えない。
言えないから自分の中に電気が溜まり、周りに放電してしまいます。

あー思い出すとまた放電しそうです。
でももう家なので、誰も感電せずに済みますから安心してください(笑)。

自分の気持ちを相手の気持ちを損なわずに伝えるのってむ~つ~か~し~
先人の知恵を借りたいものです。
[PR]

by schnarak | 2006-11-30 23:56 | education
2006年 11月 26日

鳥インフルエンザ

韓国で鳥インフルエンザが見つかったらしい。
全羅道ってグルメな土地らしいですが、外食産業は大変でしょうね。

生卵が入った料理といえば、、、うーんビビンパ?かな。
(それでも石鍋で玉子焼きにして食べるけど)
完全加熱すれば大丈夫らしいけども、韓国内なので我が家ではしばらく卵禁止令。
といっても私だけですが。

他の記事を見ていると、隣の市でも毒性の弱い鳥インフルが見つかったとか。
隣の市ったって車で20分、今住んでる市の県庁所在地より近いし。
こりゃやばい。卵禁止令は、冬の間中、にしようかな。

個人的には暗殺事件に非常に興味があります。
政策に邪魔だからって暗殺しちゃうんですね。
日本国外にいると海外のニュースが身近になる気がします。これはいいことだ、うん。
[PR]

by schnarak | 2006-11-26 00:09 | korea
2006年 11月 22日

闘病中です

わたくし、只今闘病中です。
といっても、何のことはない、ただの風邪なんですが。

先々週末、所用があり実家に帰っておりました。
実家には本当に休養中だった姉と、暇で暇で仕方ない犬と、
娘たちが帰ってきて大喜びの両親がおりました。

2時起きで朝9時の飛行機に乗り、
空港まで迎えに来てくれた姉と母と犬と、そのまま宮島へ。
次の日は午後から父の誕生日プレゼントを買いに街へ。夜はみんなで日本食ディナー。

とかいうペースで遊んでいたのです。
我が日本語科に風邪が蔓延していることも忘れて。

帰ってきてやっぱりやられました。
まず喉がおかしくなりました(先週半ば)。
その後、体がだるい状態が続き(先週末)、咳が出るようになりました(今週あたま)。
更に、昨日からは微熱が出ております。おまけに激しく咳き込んでおります。
私が今引いている風邪はみんなが引いた後の風邪でもあるようで、
なかなか手ごわいのです。

誰かに風邪をうつしたら治るに違いないと思い、
色んな人に「うつしてもいいですか?」といいながら目の前で咳をしているんですが、
同僚(50代男性)には抱きしめられそうになり、
コピー屋のおっちゃん(50代?男性)には「ここにしろ」っとほっぺをだされました。
もーどーにでもしてくれい。

あと一日~~
[PR]

by schnarak | 2006-11-22 23:12 | days
2006年 11月 20日

今日のにやり

今日も学校関係の話題です。

2年生の会話クラスで「~と思います」をしたんですが、
「韓国でどこが一番きれいだと思いますか」という例文でQAをしていました。

「チェジュ(島)が一番きれいだと思います」
・・・んー行ったことないけど、きれいだって言うよねえ。行きたいなあ。

「○○(自分の地元)が一番きれいだと思います」
・・・うむうむ、いかにも韓国人ですな。

会話の授業なので、授業中居眠りをしている学生や
ぼーっとしている学生がいたらすかさず当てます。
今日も隣の友達と話している学生がいたので、当てました。

私「韓国でどこが一番きれいだと思いますか、はい、イさん」
「・・・(にやり)ドクト[独島;日本名・竹島]が一番きれいだと思います」

ほほーそうきたか。
最近授業中目が合うと、にやっとするのには訳があったんですね。
でも先生、そのくらいじゃへこたれません。みんなでコーラスです。

私「はい、言ってください。『韓国でドクトが一番きれいだと思います』」
学生全員「韓国でドクトが一番きれいだと思います」

ドクトたって、地名だし、どうせ行ったことないでしょー(私もナイけど)
これはただの代入練習なので、このくらいじゃ指名が減ったりしません。
ふふふふ。来るならこーい!!
[PR]

by schnarak | 2006-11-20 22:01 | education
2006年 11月 19日

単細胞遊戯マイクロ王!

少し前のことになりますが、アサヒコムでおもしろい記事があったのでご紹介。
その名も単細胞遊戯マイクロ王!

こういうの大好き!
何が好きって、その専門性と合理性です。

この「単細胞遊戯マイクロ王!」を作ったのは
神戸大理学部の洲崎敏伸助教授のグループだそうです。
教科書には載ってない単細胞動物の特徴までカードに載ってたりして。

「例えば、ミドリゾウリムシは、体内に光合成をするクロレラを持っているので、
ゲームの「場」が昼なら特別効果として体力値は2倍に。
日光が当たっていない方が活発なアメーバは、夜設定だと攻撃力が3倍になる。」

こういう細かいところにも凝ってるあたり、ツボです。じゅるり。
ちびっこに人気のカブトムシとか、きれいな熱帯魚じゃなくて、
微生物ってあたりがたまんないっすね。売れなさそうだけど(笑)。

何かを学ぶときって、「覚えなきゃ!」と思って覚えたことと、
「へーそうなんだ」と思いながら覚えたことって定着率が違うと思うんです。
ゲーム仕立てにして遊びながら生物の勉強もできたら、
これは一石二鳥じゃないですか!

「昔さーこういうカードゲームがあって、むちゃくちゃ強かったやつがいたんだけどさー
そいつこないだ××を開発した○○博士なんだよ~」
とかがあるかも!(ないかも?)

サイトに載っているミドリムシのカードは少し生々しいですが、、、
こういう教材作りたいなあ~
[PR]

by schnarak | 2006-11-19 21:09 | education
2006年 11月 16日

もやもやメモ

・コミュニケーションの中でプラスの連鎖を引き起こすためには
自分のモチベーションでしか支えられないのか
(そのモチベーションはどうやって維持したらいーんですか 涙)

・コーチングの文献を読んでいると同僚の顔が浮かんできてなかなか進まない
(育児ノイローゼってこれのひどい版なんだろうか?
育児本なんて育児中には読めないかも)

・「浮いている」について
人には色んな顔があり、どの顔を見るかによって
「浮いている/浮いていない」が決まるのではないか
(なので気にしなくていい?いや気にするっていうのは
「浮いている」と感じる集団に属している自分を大事にしてるから?)

・学生からの依頼を、私が代わりに連絡
断りで「~ていただけたらと思います」と言われたことについて
(学生とはいえ「~いただけたら」でいいのかな?聞き方が悪かったかな)

・カジュアルウェンズデー
gapのボーダータートルニットに黒太デニムパンツ、茶色のベルトをして
髪を下していったら男の子の学生に「今日はいつもよりかわいいですね」といわれた。
(はて、これはどいう意味だろう?いつもは???)

・20GあったはずのPCの容量が1Gをきっていた
写真を2Gのフラッシュメモリにほとんど移したけど、それでも空き容量が1.5G。
計算するとそんなもんだけど、移すときに
ウイルスらしきファイル名(thumbs.みたいなの)が出てきたのは気のせい?

・喉イタイ。。。風邪引きそう

さーねよねよ。
[PR]

by schnarak | 2006-11-16 01:22 | days&days
2006年 11月 04日

ついにきました

以前エントリーした彼の話ですが、先日ついに来ました、「デートのお誘い」が。
しばらく質問にも来ないし、伝わったかなーと思っていたんですが。
(このメールには後日談があって、その後の彼からの返信に
同じ学年の女の子と一緒に漢字の試験を受けると書いてあり、
私はひそかに『好きな子ができた?』と喜んでいたのですが、真相は不明)

宿題をレポート用紙に書いて提出してもらっているんですが、
そのレポート用紙の一番下にデートのお誘いがありました。

「先生!○月○日に私とデートしませんか?
インチョンでオーケストラの演奏会があります。
私は私のフルートの先生から招待をいただきました。
私はそのコンサートに必ず先生を招待したいです。
返事はこの宿題の紙に書いてください」

コンサート自体には興味はあるんだけど、インチョンって遠いし、その日予定あるし、、、と
断る以外選択肢はないつもりでいるんですが、どうなんでしょうねえ、こういうの。
色んな状況があるとは思いますが、
基本的には学生との恋愛について私は反対派です。
学校ではそういうスタンスでいるつもりなんですが、
それでもそういう感情を持っている学生がいるとすれば、
その原因を考える必要があると思います。

彼がまだ復学する前に研究室でフルートを吹いてくれたのを喜びすぎたかな・・・
2学期になってすぐ研究室に来たとき、遊びすぎたかな・・・
授業中に気が付かないところで何かしたかな・・・

とりあえずしばらくはジャケット必須で、先生らしくいくことにします。
[PR]

by schnarak | 2006-11-04 12:17 | education