<   2007年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2007年 03月 29日

問題の『日本語教育学』のその後

新学期が始まり、そろそろ一ヶ月が経とうとしています。
今学期は教育実習に加えて『日本語教育学』という科目を持つことになり、
かなりどきどきスタートでした。

韓国での日本語教員試験の過去問を見ながら、
手元にある使えそうな教科書を見ながら、
何度も何度もシラバスを作り直し、
ネイティブの同僚に何回くらい担当してもらえるか打診し、
何とか始まった科目ですが、今のところ何とか無事に来ています。

1週間の授業は1時間コマと2時間コマの2回。それを4人で分担します。
タイトルが『日本語教育学』なので、一応私が半分。
残りを一人4時間ずつ3人の先生で分担してもらっています。

当初「過去問対策をしてください」と言われていて、
韓国で発売されている教員採用試験の過去問を見ていたのですが、
日本でされている日本語教育能力検定試験の問題よりもひどい。
雑多に広すぎて、何をどう対策したらいいのか全く分かりません。

どうしようもないので、国際交流基金ソウルセンターの先生に相談し、
教材をお借りしたり、現職者教師研修の内容を聞いたりしていると
ぼんやりとイメージが掴めて来ました。

最終的に、過去問対策は意識しながらも、
必要な現場で必要な知識も身に着けてもらい、
かつ、ネイティブの先生方の連携プレーという「あわせ技」で来ています。
この「あわせ技」についてはまた別エントリーで。

私の授業は、シラバスや教室活動などについての講義&グループワーク、
語彙・文字の指導、書くことの指導、話すことの指導など、
4技能(話す、書く、読む、聞く)を中心に、
それぞれの指導法について簡単に噛み砕いて説明した後で、
実技中心の活動をさせています。

とはいえ、一応過去問も意識したといえるように、
毎回の授業レジュメには該当分野の問題を1問~2問つけています。
これが定期テストに出るのだよ~♪

毎回授業後に感想を4段階で評価してもらっているのですが、
はじめは「よく分からない」「余り分からない」が多かったのが、
「よく分かる」「まあまあ分かる」が大部分になるようになりました。

---------
今日一人の学生が他の先生の部屋に質問に来ていたときのこと。
彼女は日本語もよくできるし、難しい質問も多いのですが、
そんな彼女に聞かれました。
「教育学の授業は来期もあるんですか」

今学期受けている授業の中で一番おもしろい授業なんだそうです。
うふふふ。
来週もがんばろっと。
[PR]

by schnarak | 2007-03-29 20:09 | education
2007年 03月 25日

3度目のMT

週末は学科MT(新歓合宿)でした。
合宿といっても酒飲み合宿なので、適当に張り切ります。
今回は韓国人の先生と2時間くらいお酒を飲みました。

女3人(日本人)、男2人(韓国人)でしたが、
女の先生の特徴をつかんだNSU語ができました。

「S1する」
・・・色んなことをうっかり忘れること
「Yする、またはエクセルする」
・・・計算できない/しないこと
「S2する」
・・・揚げ足取りをして、話題を取っていくこと

同僚S1は割と天然系。
年上ですが動きが面白いので みんなでよくいじって遊んでます。
同僚S2は、関西人。
話を盛り上げるのがかなりうまい。 S2がいるとその場が和みます。
ですが、「性格悪くないとS2はできない」 と突っ込まれてました(笑)。

ちなみに私は「Yする」なんだそうです。
計算するよりもエクセルや電卓なんかを使って自分の仕事を減らすとも。
一種の頭脳犯?
[PR]

by schnarak | 2007-03-25 11:08 | korea
2007年 03月 24日

父の愛、無事届く。

先週、父のホワイトデーのお返しが無事に届きました。ああ、よかった。

母の名誉挽回のために書いておくと、
彼女が書いた宛名は「miss」のないフルネームだったようで
(私が早とちりしていたようです)、住所は英語と漢字の両方がかかれてありました。

中身は、ホワイトデーのチョコ、ラーメン、マヨネーズ、おかし、AERA、ぷっちょ。
航空便なのでこれだけで4000円です。
お母さん、散在してくれてありがとう。

一時帰国したときに買い物に行ってラーメンを買おうとすると
「体に悪いから!」といって止めるくせに、
今回の荷物ではラーメンが一番多かったのはなぜでしょうか。

そして、ぷっちょは母の好みです。
母の車には色んな味のぷっちょが載っていて、
ドライブに行くとそれぞれの味についての評価が始まります。
ぷっちょには中に味の固まりが入っているので、
サイダー味のぷっちょを食べると
口の中がしゅわしゅわして大変なんだそうです。

大事に食べるね~
[PR]

by schnarak | 2007-03-24 21:31 | days
2007年 03月 23日

ネット復活&MT

先日、学校に行くバスに乗っていると電話。
「アパート全体のインターネットの工事をします。
10時から12時までネットが使えません」

その後、夜になっても、
次の日の夜になっても家でネットが使えなかったので、
ネット会社に電話することにしました。

何度か自分で電話をしたのですが、
電話に出た男の人に「(私の韓国語が)わからないわからない。。。」と言われ、
がっくりむかむかしながら(だって契約番号を言っただけだし)
学校の事務にお願いして通訳してもらいました。

その後電話があり、私が午前中しか家にいないことを伝えると、
1時間後、工事の人が着てくれました。


はやっ!


モデムをチェックし、電話線の部分になにやら機械を入れてから、
「ちょっと待っててください」と言って、しばらくいなくなったあと、
また戻ってきて「電話線の故障ですよ。もう大丈夫です」とにこやかに言い、
写真付きの名刺をおいて帰っていかれました。


しかし、さすが融通の国、韓国。
こういう工事でもすぐに飛んできてくれます。
こういうところは大好きです。むふ。



さてさて、今日はMT(泊まりの新歓合宿)です。
先生たちも嫌々ながら参加です(笑)。
ちょうど今教育実習生が来ているのですが、
彼女たちも参加することを学生会に伝えると、
学生と同じ扱いで、大部屋に雑魚寝なんだそうです。

「大丈夫ですよ~H大の飲みも激しいですから」と言っていましたが、
迎え撃つ敵は韓国人ですよ。がんばれ実習生。生きて帰るのだよ。
[PR]

by schnarak | 2007-03-23 12:30 | korea
2007年 03月 19日

がんばりを認められる人に

今取り組んでいることが、

どのくらいのお金を動かすのか、
どのくらいの数のメディアに取り上げられるのか、
どの程度の組織に影響力を持つものか、で

人を評価するのではなく、

今まではしてこなかったことに挑戦しているということに
価値を見出せる人になりたいと思う。
そして、その挑戦を側で支えられる器を持っていたいと思う。

昨日はできなかったことは今日できるように、
今週できなかったことは来週できるように。


ああ、反省。
反省すると、昔の彼が必ず夢に出てきて大笑いをします。
教えてくれて、ありがとう。
[PR]

by schnarak | 2007-03-19 16:14 | days&days
2007年 03月 17日

モールスキン

年末に新しく日記帳を買いました。
モールスキンのハードカバーです
(写真がなかったので、2007年度ダイアリーを。
日記帳も見た目はこんな感じです。オレンジのはただの帯です)。
c0048158_20162779.jpg


で、3ヶ月経って見返してみたりするんですが、
今までの日記帳よりもダントツで書き込みが多い。
韓国では一人暮らしなので、最近は毎日日記をつけています。
紙質がいいのでスラスラ書けるというのもあるんですが、
重厚な感じのする手帳に、思いを書き付ける作業がなんだか楽しい。
気分によって書き込む色も変えてみたりしてます。

平日は学校に行っているので、カラフルなんですが、
週末は家にいることが多いので、黒でダークな感じです。
リアルすぎるせいか、仕事ネタってあんま書かないみたいです。
よっぽど辛いことがあったときは、吐き出すように書いてます(笑)。
プライベートも、「~したら、○○って言われた」と出来事中心に書かれてます。
悩んでますねえ、逡巡してますねえ、恋愛してる感じです私。あはは。

今までは罫線のない白いノートを使うことが多かったので、
無制限に書き付けることが多く、
結果リアルすぎて、書く作業も読み返す作業もしんどくなり、
続かないというサイクルでした。一日のスペースが決まってるってのはいいかも。
モールスキン、好きかも。来年も買おうっと。高いけど。
好きなものに囲まれる生活って幸せです。

これホシイ→city notebook
誰か買って送ってください。お返しはキムチで(笑)。
[PR]

by schnarak | 2007-03-17 20:30 | days&days
2007年 03月 16日

用事があって久々に実家に電話をしました。
母の声を聞くと途端に広島弁が出てくる私の脳。

母と話すときは大抵聞き役です。
時々「~じゃないん?」とか「ふ~ん、○○ちゃんも大変だねえ」とか、
言っても言わなくてもいいようなことを話してます。
時々私が仕事の愚痴をこぼすと「fai先生、がんばっ!」
と脱力するようなことを言って励ましてくれます。

そんな母が父に頼まれてホワイトデーのチョコを
韓国に送ってくれたそうです(しかも航空便で!)。
私が住所を英語で書いて、携帯にメールし、
それを書き写したまではよかったんですが、
「宛名を間違ったぁ~~!」とメールしてきました。






○○Univ. Japanese section   Miss fai




と書いたそうです。おかーさーん・・・


日本語科までちゃんと届いたら、事務の子が
「先生の下の名前ってfaiですか?」って聞いてくれるだろうけど、
そうじゃなかったら、お父さんのチョコは行方不明になること必至です。
ちなみに彼女は短大の英文科卒で、英語の副免許も持っているそうです。

父の愛は無事私の元に届くのでしょうか?!
[PR]

by schnarak | 2007-03-16 22:01 | days&days
2007年 03月 15日

寝てる間に・・・

とてもとても疲れていて、帰りのバスで何度も落ちそうになっていたときのこと。

早々に自宅に引き上げ、次の日の準備をたらたらとしながら、
11時前になってどうしようもなく眠くなり、
「(準備まだ全部終わってないけど大体できたし)よしもう寝ちゃえ!と
思いながらベッドにもぐりこんだ時のことです。

ふらふらしながら加湿器に水を足し、
ちゃんと動いているかどうかを確かめる間もなく、眠りに落ちました。
それはそれは幸せな気分で。





真夜中に目が覚めました。




「ゴンッ」





自ら壁にヘッドロックしてました(涙)。


寝返りを打ったときに、元々いた場所が悪かった模様。
しかも寝ぼけてるはずなのに「いたぁ~怒」と頭を抱え、更に布団にもぐり込んでました。
(頭を打った瞬間に目が覚めて、しっかり覚えている)



でもね、朝起きて見たんですよ、枕元を。
枕と壁の間にクッションを置いてるんですが、
枕の上に頭が乗っていれば、寝返りを打っても
そのクッションの上に頭が来る位の大きさなんですよ。
(クッションの上に頭を乗せることは余りない)


どんだけ壁によってたのか赤外線カメラで見たいもんです。部屋広いのになー
[PR]

by schnarak | 2007-03-15 23:44 | days&days
2007年 03月 07日

ハルモニの香り

毎日バスで出勤しています。
乗っているのは路線バスなんですが、時刻表では1時間に2本。
これが時間に適当なのです。

こないだのこと。

バスに乗るためにバス停に行くと、バス停にはハルモニ(おばあちゃん)がいました。
なので今日は間に合ったー!と思いながら、
ハルモニと一緒にバスを待っていました。

そのハルモニは頭が真っ白で、つえをついていました。かなりご高齢の様子。
寒いので帽子はかぶっておられましたが、手袋はしていません。
服も割とこぎれいな感じのするものを着ていらっしゃいます。
寒い日だったので、待つ間に風邪ひかなきゃいいけどなーと思いながら、
待つこと約15分。ようやくバスが来ました。

バスはハルモニの前に止まり、はじめにハルモニがバスに乗ります。
続いて乗ろうとハルモニの後ろに立った途端、ある香りが。



高麗人参の香り。


あの少し煙たくて、癖のある香り。
きっと滋養に飲んでいらっしゃるのでしょう。
残り香でするくらいだからよっぽどの量ですが(笑)。
日本だと湿布?なんでしょうが、う~ん、さすが韓国、と思った出来事でした。
[PR]

by schnarak | 2007-03-07 23:39 | korea
2007年 03月 05日

「おんぶにだっこ」の使い方

韓国では「外国人登録証」という身分証明書を作らないと
生活できないんですが、その更新が年に1回あります。
更新時には切れる前に契約書とか雇用証明書なんかの書類を揃えて
入国管理局に出頭しなければなりません。

その書類はうちは大学が作ってくれるんですが、
例年ぎりぎりまで日本にいるので
「○○に入管行くので書類作ってください」という連絡ができないのですよ。
否、連絡自体はメールでできますが、
学校の事務は「やり方がよく分からないんです~」と平気で言ってのけるので、
実際に会って頼まないと、なかなか作ってくれないのです。

で、今年。

日本にいる私に代わって、同じく更新手続きにいく同僚が
「ついでにお願いしときましたよー」と書類を事務にお願いしてくれてました。
”ああ、ありがたいこれで今年は(今年も?)手続きがスムーズに行く”と思い、
一緒に入管に行く日まで決めていましたが、
なんと!当日になって熱がでました。

前の日までフルに働き、旅行会社の手違いで
次の日の朝8時半のフライトという強行スケジュールでした。
その日の夜、熱が出ました。37.8度。
慌てて解熱剤を飲み、同僚との夕食に参加。
書類は次の日の朝、一人が学校に取りに行ってくれ、
その後合流して一緒に入管へ行く約束でした。
熱も下がる予定でした。

次の日の朝。
やっぱ出ました、37.9度。
朝同僚に携帯で「ごめん、もしできたら頼んでもいい?」とメールし、
パスポートとお金と今までの登録証をうちまで取りに来てもらいました。
お昼頃メールが。「できたよ!」。
熱にうなされながら「ありがとう!助かった~~」と返事。

後日、ビザ延長手続きが仕上がったパスポートと外国人登録証と
手続きにかかったおつりをもらいました。

つまり今年は、書類作成のお願いを同僚がしてくれ、
その書類を取りに行くのを同僚がしてくれ、
パスポートとお金を持って手続きにいくのも同僚がしてくれたのです。

このような状態のことを「おんぶにだっこ」と言います。
今年はいつもにましておんぶにだっこだったので、
私はこれからしばらくは大盤振る舞いをしなければなりません。
[PR]

by schnarak | 2007-03-05 22:42 | korea