日々のあわ

schnarak.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2008年 03月 25日

ソウル&バンコク旅行

仕事が決まったら行こうと思っていたバンコクに、ソウル経由で行ってきました。

c0048158_20203195.jpg

日本は小春日和、ソウルも春めいてました。
春めいて、というよりも黄砂がひどいらしく、けむってます。
ソウルでは妊婦になった友達のおなかをなでて、
「早くでてこーい」「いや、まだ出ないで~」の繰り返し。
新しい命の誕生です。楽しみ楽しみ。
c0048158_20205081.jpg



ソウルで1泊した後、真夏のバンコクへ。
空港に着いた途端、むわっとする空気に体中がむずむずします。
新しいスワンナプーム空港は薄暗い穴倉のような感じです。
c0048158_2033394.jpg


次の日はお決まり観光コースを。
BKKの友達みんなに「なんで今更?!」と突っ込まれました。
今までにも何度も行ったことがありますが、
印象が変わってるかな~と思って行きました。
あんまり感動はありませんでした(笑)。
でもサバーイサバーイのタイらしく堂々とした涅槃仏でした。
c0048158_20211059.jpg



お寺にいた犬。涼しそう。生まれ変わるなら、
お寺の石畳の上で昼寝するのが日課の犬になりたい。
c0048158_2021244.jpg


タイでは食べたいものがありすぎて、
常に「おなかすいた、○○食べたい」を繰り返して、友達に呆れられました。
元々食い意地張ったキャラじゃないんですが(むしろ小食)、
一度食のスイッチが入ってしまうと止まらなくなるようです。
トムヤムクン、ヤムウンセン、ソムタムタイ、ムーサテ、ガッパオ、などなど、
他にも言葉通り死ぬほど食べましたが、名前忘れました。
お陰で体重が3キロ増。今日からダイエットです。

因縁のパッタイ。これがどうしても食べたくて
初日から探しまくってましたがなかなかなくて、
最終日のお昼にようやく見つけました。
c0048158_20225743.jpg

さすがにパッタイを食べた後、おなかが少しおかしくなりました。

今回の旅は日本語教師としての自分の原点を確認するためでもありました。
人種のみならずジェンダーも混在するタイで
言葉も分からず、日本語教師のイロハも分からず必死で過ごした1年。
なんでもありのこの状況で、日本語を楽しく話す学生の姿が見たくて
毎日クラスに行っていた気がします。

当時の学生とも会うことができました。
彼はずいぶん日本語が上手になっていて、
今は都心のデパートの食品売り場で日本語を使った仕事をしているそうです。
別れ際に自分の名前の入ったボールペンをくれました。

次にタイに行くのはいつになるか分かりませんが、
今よりももっと大きくなって行けるといいなと思います。
[PR]

by schnarak | 2008-03-25 21:08 | days
2008年 03月 09日

一人ごと

先月末にこちらで面接があって以来、ずっと東京の姉宅にいます。
引越し作業はまだなので、言ってみればスーツケース1つで暮らしている訳ですが、
東京にもモノを置かせてもらっていたので、不自由さは余り感じません。

昨日でこちらの用事も終わり、明日実家の広島に一度帰ります。
年末に韓国から送った教材やら服やらを詰め直し、こちらに再送する予定です。
ネットで引越し業者の見積もりをしたり、新しい家具や家電を見に行ったり、
配置を考えて大掃除をしたり、ばたばたと過ごしています。

新しい仕事の教科書たちが本棚で私を見つめています。視線が痛い~

教科書をもらったときに副センター長に言われました。
「faiさんに関しては私は余り心配してないんですよ」
聞けば今回は2人採用で、もう一人は非常勤で働いていた人とのこと。
全くの外部は私だけなんだそうです。
・・・すごーい不安なんですけど。もっと心配してほしいんですけど。

朝5時半とか6時に起きれるかなー(8時45分までに出勤)
通勤ラッシュで倒れたりしないかなー(新宿駅で乗り換え)
他の先生たちと仲良くできるかなー(専任が10人以上)
家に帰って夕ご飯作れるかなー(姉は私より多分帰りが遅い=私が料理担当)

あー不安だ。明日実家に帰ってナーに励ましてもらいます。わん。
[PR]

by schnarak | 2008-03-09 12:42 | days&days
2008年 03月 04日

サクラサク

ご無沙汰です。長いこと放置しておりました。

2月末に教師学のワークショップを受けに佐賀に行っていました。
ワークショップは2泊3日、うち丸2日勉強して、あとは福岡観光しました。
疲れが出始めた2日目の午後、電話が鳴りました。

「4月1日付けで採用ということになりました」

大学に履歴書を送りまくっていた年内、
ぐるぐると回っていた1月、動いては違うと感じていた2月が過ぎ、
ようやく仕事が決まりました。

次の仕事は東京です。
日本語学校の先生で、専任で、IDカード(というか名札)があります。
更に!ボーナスも諸手当てもつきます(多分。まだもらってないから 笑)。
ぐふふ。




ワークショップ2日目の夜、教師学に関連して
博多でモツ鍋を食べながら色んなことを話しました。
(教師学というのは先生と生徒の関係を
どうしたらよくできるかという内容の分野です)

気がついたら焼酎のボトルがキープされていて、
隣の友達は少し涙目で、私は酔っ払って、
3人でなんで先生になったかという話をしていました。

韓国1年目、必死で前に進んでいた頃教えていた学生が
2年目に留学に行き、3年目に上手になって帰ってきました。
その彼を3年目を1年間教えました。
彼の日本語は留学に行っていた間に見違えるほど上手になっていました。
でも性格のせいかクラスでは余り話さない方でした。

最後の期末テストで彼がメッセージを書いていました。

「先生は日本へ行ってもいい先生になると思います」

なんで先生なんて仕事をしているのか未だに分かりませんが、
こんなことを言ってくれる学生がいる以上、
もう辞めることはできません。

辛かった1月、何度学生の顔が浮かんだことか。
部屋に積まれた教材の山を見て、
今ここで辞めることはできないと思い直したことか。

長かった。ほんとに長かった。でも諦めなくてほんとによかった。
日本で日本語を教えたいという思いを持っていた私には、
これからが本当の勝負です。

明日新しい学校に教科書をもらいにいきます。
希望に胸を膨らませているのは、学生だけじゃありません。
[PR]

by schnarak | 2008-03-04 23:31 | days